■BONX Grip

サークルのイベントや仲間同士でのツーリングでは、頻繁に連絡の取り合いをすることがあります。
しかし、その都度スマホで電話をかけるのは面倒です。工事現場や繁華街で業務連絡に使われているトランシーバーがあればベストですが、機械が苦手な人にとって無線機を購入するのは二の足を踏んでしまうでしょう。
せめてスマホくらいの手軽さでトランシーバーのように使える機器あればと思うに違いありません。

最近、そうした要求を満たせる製品が登場しました。耳につけるだけでトランシーバーのような使い方ができるウェアラブルなBluetoothヘッドセットです。

格安スマホと組み合わせれば、仲間との連絡に使える専用のトランシーバーとして活用できそうです。

トランシーバーのような通話ができるBluetoohヘッドセット「BONX Grip」

ウェアラブルデバイスの企画・開発・販売を手がける株式会社BONXは、アウトドアでも使用できるBluetoohヘッドセット「BONX Grip」を開発しました。

参考:https://bonx.co/ja/#bonx-grip-jp

BONX Gripはマイクを内蔵した耳かけ式のイヤホンで、Bluetoothでスマホやタブレットとワイヤレスで接続します。通話するときは専用のアプリを使用し、声を出すだけで相手と会話のできるハンズフリー通話が可能です。

通話は1対1だけでなく、最大10人までのグループ通話にも対応しています。端末同士はモバイル回線やWi-Fiを通じてインターネットにつながっているため、同じ場所にいない相手とも通話ができます。

さらに、イヤホン本体には生活防水と耐衝撃設計が施されています。室内のみならず、アウトドアでも使えます。

価格は単品の場合15,800円で、複数でのセット販売もあります。
購入は、BONXの公式オンラインストアからできます。

■BONX Officilal Online Store http://jp.bonx.store

イベントやアウトドアスポーツなどさまざまなシーンで活用が可能

BONX Gripは、イベント会場でスタッフ同士の連絡に使うのに適しています。
それだけでなく、ハンズフリーと防水・耐衝撃性を活かしてハイキングやアウトドアスポーツでの利用にも力を発揮します。

たとえば仲間と登山やハイキングに出かけた際は、はぐれたりしないようグループ通話で常に連絡が取り合えるようにできれば便利です。

しかし、登山中は両手がふさがっていることが多く、無線機のように通話するたびに送信ボタンを押さなければならないのは不便です。
また、山や高原は天候が変わりやすく、防水に対応していない機器では突然の雨に見舞われると故障して使えなくなることもあるでしょう。

BONX Gripは、ハンズフリーでの通話やグループ通話、防水設計が備わっているので、こうした条件下でも活用できます。

また、スキーやサイクリング、、釣りといったアウトドアスポーツでは常に両手を使用します。動きも激しく、仲間との会話をするための機器には強い耐衝撃性が求められます。

BONX Gripはこうした要求に十分応えられるので、アウトドアスポーツでの活用にも適しています。

格安スマホと組み合わせれば仲間との連絡用トランシーバーに早変わり

日頃使っているスマホでBONX Gripを長時間利用すると、バッテリーの消耗が気になります。登山の場合は、遭難などの非常時に備えてスマホのバッテリーは切らさぬようにしておかなければなりません。
仲間との連絡用としてBONX Gripを使うときは、格安スマホと組み合わせて活用するのがよいでしょう。

アウトドアスポーツを楽しむ人にとってBONX Gripは使い勝手のよいウェアラブルトランシーバーといえます。
仲間に紹介して興味・関心を持ったなら、共同購入を検討してみるのもよさそうです。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。