データ通信量を抑えてさらに安く格安SIMを活用する

格安SIM各社の料金プランは、主として毎月のデータ通信量を目安に定められているケースが多く、データ通信量が少ないほど毎月の料金も安くなります。上限に定められているデータ量を超えても通信が遮断されるわけではありませんが、速度が遅くなるというペナルティが発生するため、できればそのような事態は避けたいのが本音。
従って、できるだけデータ通信量を少なくしてお金を節約するのが賢い利用方法です。

では、具体的に毎月のデータ通信量を少なく抑えるにはどのような手段があるのか、3つほどその方法を解説いたします。

キャリアの通信網ではなくwi-fiを積極的に利用する

広く知られているようで意外と実践している人が少ないのがwi-fiの利用です。自宅にフレッツ光などの光ファイバーインターネット回線を引いている場合は、必ずwi-fiルータを利用し自宅wi-fi環境を整備しましょう。

NTT東日本・西日本両社とも、フレッツ光契約者には無線対応のホームゲートウェイをレンタルしています。簡単な設定でスマートフォンを接続することができるので、自宅にいる間はwi-fi経由で接続するように設定しておきましょう。

また、外出時においても、今ではさまざまなwi-fi環境が街中に整備されています。例えばスターバックスやドトールといったカフェ店内では、利用者が使える無料wi-fiがあります。どちらもメールアドレスさえあれば簡単な設定で接続でき、しかもそこそこの通信速度で接続できるため便利です。
このように、公衆無線wi-fiの利用を進めることでスマートフォンのデータ通信量を劇的に抑えることが可能となるのです。

スマホの設定でアプリの通信を制御する

ところで、スマートフォンはユーザーの意識していない時でも頻繁にデータ通信が発生していることをご存知でしょうか?
実はインストールされているアプリの多くが、「バックグラウンド更新」と呼ばれる機能を装備しています。

これはアプリが自動でコンテンツを最新のものに更新する作業なのですが、ユーザーがスマートフォンを利用していない時にデータ通信を行うため、知らぬ間にデータ通信量が増えていることがあるのです。

これを防止するには、スマートフォンの設定を変更する必要があります。
一例としてiPhoneでの設定を説明しますと、「設定」アイコンから「一般」に入り、「Appのバックグラウンド更新」をオフにすることで設定完了です。

アップデートをwi-fi経由に設定する

iPhoneでもAndroidでも、インストールしているアプリは定期的にアップデートを行います。実はアプリの更新はかなり多くのデータ容量を消費します。インストールしているアプリの数によっては1回のアップデートで500GBを超えてしまうこともある程です。従って、このアップデート作業はwi-fi接続環境にある時に行うのがベスト。

iPhoneの場合、「設定」→「iTunes&App Store」→「モバイルデータ通信」の項目をオフにすることで、wi-fi接続時以外ではアプリのアップデートを行わないように設定できます。

ブラウザを変更する

iPhoneの方の場合、ブラウザは上旬のsafariを利用している方も多いでしょう。実はsafariはブラウジングに関するデータ通信量が多いブラウザです。「chrome」や「opera mini」といった軽いブラウザに変更することで、データ通信量を低く抑えることが可能です。
また、「chrome」の場合はデータセーバーモードを利用することによりさらに低く抑えることが可能となるので試してみてください。

最後に

格安SIMでのスマートフォンの利用において、データ通信量の節約は避けて通れない課題です。データ量が少なければ少ないほど毎月の利用料を安く抑えることが可能なのです。
自分の利用シーンや設定などを今一度見直し、料金プランを変更するなどして費用を安く抑えてみましょう。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。

この記事を書いた人

h.katsura
h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。

20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。