メーカー 画面サイズ カメラ性能 メモリ(RAM)・ストレージ 提供MVNO
SONY 5.5インチ ・背面
1300万画素
・フロント
800万画素
3GB・16GB IIJmio

Snapdragon 617で快適なスマホ操作を実現

VAIO Phone Aの特徴の1つは高性能CPUであるSnapdragon 617が搭載されている点です。

Snapdragon 617はミドルクラスのCPUとして位置づけられており、高い処理能力があるのが魅力。Snapdragon 617にはコアが8つ内蔵されているため、ハイパフォーマンスで快適に操作できます。

スマホの操作性って選ぶ上でかなり重要ですよね。もしも、動作がカクついてしまえばストレスが溜まります。
VAIO Phone AではSnapdragon 617の8つのコアによって、使い勝手は十分高いです。

さらに、Snapdragon 617のSoC用GPU回路はAdreno 405となっています。Adreno 405ではコアの処理能力を表す動作周波数の数値が、550MHzと非常に高いです。

スマホ操作を快適にしてくれるこだわりがここまで施されているのは、使う側として非常に嬉しいですね。
ストレスフリーでスマホを操作したいという方にとっては十分合格点あげたくなるCPUのクオリティーとなっています。

カメラは1300万画素と高性能

高性能なのはCPUだけではありません。VAIO Phone Aはカメラも高性能。
画素数は1300万画素となっており、日本でも非常に人気の高いiPhone7が1200万画素なのと比べると、100万画素も上回っています。

さらに、画素数だけではなくカメラ仕様にも注目です。カメラには裏面照射型CMOSセンサーを搭載しているため、夜間や屋内など光量の少ないところでも満足の行く写真が撮影できます。

美しい夜景パシャリと撮っても、光量が足りず暗すぎる写真になってしまうことはありません。夜でもどこでも、明るい写真で思い出に残せます。

VAIO Phone Aのカメラの魅力はこれだけではありません。インカメラも画素数は500万画素となっており、iPhone6sと同等の高クオリティー。
繊細な写真を撮影するには十分な性能です。

さらに、CMOSセンサーを搭載しているので、暗い場所でも明るいセルフィーを実現してくれます。
夜のデートなどで夜景と一緒にセルフィーをしても、明るくキレイな写真を残せます。カメラのクオリティーにもこだわりたいのならおすすめです。

2800mAhのバッテリーを搭載

性能が良いに越したことはないのですが、CPUとなどの性能がアップすると比例して電池消費が増えてしまいます。せっかくスペックの高いスマホを買ったのに、すぐに電池切れになってしまうと必要な場面で使えないなんてことも・・・。

VAIO Phone Aはバッテリーの性能も優れています。
バッテリー容量は2800mAhと大容量。
iPhone7のバッテリー容量が1910mAhなのでどれだけ容量が大きいのかよくわかります。

3G回線での連続通話は11時間も可能。連続待受時間は約500時間となっています。会話しっぱなしでも11時間も電池が持つのには驚きですね。

大容量でありながら充電時間はたった約4時間で0%からいっぱいにすることが可能。
高い性能を持ちながら、バッテリーのクオリティーにもこだわっているのは、使う側としては嬉しい限りですね!

VAIO Phone AはCPUの性能やカメラのクオリティー、バッテリー容量などスマホを選ぶ上で重要な部分を高いクオリティーで仕上げていながらも、価格は約24,000円となっています。
安定した性能の高さを維持しながら、低価格に抑えているのはポイント高いですね。

さらに、使うかどうかわからない機能もなくシンプルな作りなので、メイン機だけではなくセカンド機としてもピッタリ。
スマホ初心者はもちろん、セカンド機として利用したい方にもおすすめできるスマホです。

 

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。