いよいよ3/22に迫ったソフトバンクSIMの発売

以前の記事で、日本通信がソフトバンクの格安SIMを発売することをお伝えしました。
主にソフトバンクが抱える大量のiPhoneユーザーをターゲットとしており、ソフトバンク系MVNOの展開がこれほど多くのメディアで大々的にアナウンスされるのは日本初と言ってもよいでしょう。

それだけ多くのユーザーが待ち望んでいる日本通信のソフトバンク系SIMですが、3/17のプレスリリースでその販売ルートが公表されました。

【追記】
3/28 【店頭リサーチ】U-NEXTによるソフトバンク格安SIM「U-mobile S」が発売開始!
3/22 「開幕SIM」をb-mobile(日本通信)が発表!その料金プランを他社と徹底比較!

なかなか出てこない情報

通常、通信キャリアの新サービスは、発売開始の少なくとも2週間前には具体的なプランや料金などがリリースされるのですが、今回の日本通信のソフトバンクSIMサービスについては、発売開始1週間前になっても具体的なプランは見えません。
おそらく、日本通信社内でもまだ検討中であり、発売ぎりぎりになるまでプランも価格も決まらないのではないかと思われます。

その代わり、この商品の販売ルートが発表されました。

参考:日本通信 の ソフトバンク 格安 SIM 、 取扱い販売店に関するお知らせ

これによると、大手家電量販店をはじめ、日本通信がMVNEとしてサービスを提供するU-NEXTの販路も含まれています。

これまでのb-mobileの販路にプラスα

では、プレスリリースにて発表された販売ルートを見てみましょう。

  • スマモバ
  • ZOA
  • PC DEPOT
  • ビックカメラ
  • U-NEXTストア
  • ヨドバシカメラ
  • 大手eコマースサイト
  • 日本通信オンラインストア(b-Market)

以上8つの販売ルートとなっています。
このうち、PC DEPOT、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、日本通信オンラインストア(b-Market)は、日本通信のb-mobileブランド取扱店です。
同じb-mobileブランド取扱店のドスパラやPCNETは当面静観する予定でしょうか。今回の販売ルートには含まれておりません。

また、今回新たにスマモバ、ZOA、U-NEXTストアが加わりました。このうち、スマモバのサイトではまだ発表が無いためどのような取扱い方になるのかは不明です。おそらく、U-mobile取扱店が多いので日本通信のb-mobileブランドではなくU-NEXT のU-mobileブランドとなるのではないでしょうか。
ZOAは静岡県を中心としたPC・スマホ販売店をチェーン展開している企業であるため、店頭での取り扱いということになるでしょう。

大手eコマースサイトというのがどこになるかは不明ですが、おそらくb-mobileの取り扱いがあるamazonではないでしょうか。楽天市場やyahooショッピングはそれぞれ楽天モバイルやY!mobileを持っているため可能性は低そうです。

これを見ると、サービス発表時に日本通信がアピールしていた「1年間での目標契約件数は100万」「日本通信経由でソフトバンクのネットワークを利用するMVNOは50社程度」を裏付けするような勢いはまだ感じられません。

料金プランはいつ発表されるのか?

想像するに、ソフトバンク系格安SIMに魅力を感じているけれども、料金体系がわからないため当面は販売状況を様子見するという企業が多いのかもしれません。
しかし、肝心の料金プランはいつ発表されるのでしょうか。3/17時点ではまだ発表されておらず、世間は3連休に入ります。
3月20日が祝日であるため、おそらく3月21日でしょうか。

まとめ

業界内でもユーザーからも大きな注目を集めている日本通信のソフトバンク系格安SIMの発売。プランが発表され次第、あらためて考察してみたいと思います。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。

この記事を書いた人

h.katsura
h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。

20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。