格安スマホ顧客満足度調査結果

参考: http://japan.jdpower.com/ja/press-release/2017 Japan Low price Smart Phone/SIM Card Customer Satisfaction Study

2017年5月、J.D.パワーアジア・パシフィック社は、格安スマホ/格安SIMサービスに関する顧客満足度調査の結果に関する資料を出しました。

格安スマホ部門・格安SIM部門それぞれ4000名に調査を実施しています。
さっそく各事業者の満足度を見ていきましょう。

顧客満足の高いmineoのサービス

上記格安スマホ/格安SIMサービス顧客満足度ランキングを見ると、目立つのがケイ・オプティコムが提供するmineoの存在です。
格安スマートフォンでは1位、格安SIMでも2位にランクインしており、多くのユーザーから支持を集めているのがわかります。

>>mineo公式サイト

調査結果によると、mineoは「通信品質」「各種費用」「サービスメニュー」「手続き・サポート対応」の4つの指標全て高評価。

特に「手続き・サポート対応」では最高スコアを獲得してるとのこと。
サポートページの充実度やカスタマーセンター含めた顧客対応がユーザーから高い評価を得ている証ですね。

格安事業者では珍しい独自コミュニティの運営も満足度向上を後押ししていることでしょう。

DMMmobileやUQ mobileなども高評価

他の事業者ですが、格安SIMサービスではDMMmobileが1位となっています。
価格の安さと手軽さをアピールしていることもあり、「各種費用」の項目でトップ評価を得ています。
また料金体系もシンプルでわかりやすいため、「手続き・サポート対応」の評価も平均を大きく上回っているそうです。
>>DMM mobile公式サイト

UQ mobileは格安スマートフォンサービスで2位にランクインしています。

特に「通信品質」に関する満足度が高く、同項目ではトップスコアを得ています。やはりauのサブブランドということもあり、品質に対する評価は圧倒的ですね。

>>UQ mobile詳細情報
ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileと比較してもその評価の高さは一目瞭然です。

また、FREETELや楽天モバイルなども平均を上回る評価を得ている項目があり、総じて顧客満足の高い事業者と言えるでしょう。

まとめ

今回の顧客満足度調査で明らかになったのは、ユーザーは格安事業者同士を比較するのではなく大手キャリアと比較しているということ。

大手よりも「安い」料金で大手と変わらぬ「品質」を実現し、大手に匹敵する「サポート」を実現していることが高評価につながっているということです。料金だけで見ればもっと安い事業者はありますし、サポートだけで見ても店舗網の充実を図っている事業者は他にもあります。

つまり、格安事業者といえど、どれか一つに特化したサービス展開ではなく、すべてのサービスをより高いレベルで実現することが高評価につながるということですね。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。

この記事を書いた人

h.katsura
h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。

20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。