■イメージ

格安のSIMカードを購入・契約するには、提供しているサービス会社のウェブサイトから申し込むのが一般的です。

格安SIMをもっと手軽に買えるようにしようと、格安SIMサービス各社はプリペイドSIMを購入できる自動販売機を設置する取り組みを進めています。

中には、スマホやモバイルルーターもいっしょに購入できる自動販売機まであるというのです。SIMカードがボタン操作だけで購入できる自動販売機、一度実物を見てみたいと興味がわいてきます。

空港の到着口にプリペイドSIMの自動販売機がお目見え

■設置イメージ図 参考:https://www.sonynetwork.co.jp/corporation/release/2016/pub20160628_0028.html

So-netは、国内で提供しているプリペイドSIM「Prepaid LTE SIM」が購入できる自動販売機を、空港の到着口に設置する取り組みを行っています。
設置場所は、関西国際空港の北と南それぞれの国際線到着口、成田国際空港第3旅客ターミナル本館2階、新千歳空港国際線ターミナルビル2階です。

この自動販売機は、訪日外国人観光客に日本国内で使えるプリペイドSIMを販売する目的で設置しています。
外国人向けのサービスではあるものの、私たち邦人でも設置の自動販売機でSIMカードを購入でき、利用手続きをすれば手持ちのスマホで使うことができます。

購入から利用開始までの手順はさほど難しくありません。
購入したいプランのプリペイドSIMを選んでお金を入れると、取り出し口に説明書とSIMカードが入ったパッケージが出てきます。パッケージを開封してSIMカードを端末に挿入した後、指定のウェブサイトにアクセスして利用手続きを済ませれば完了です。
外国人でも安心して手続きができるよう、ウェブサイトは多言語に対応しています。

So-netの自動販売機で購入できるプリペイドSIMは、3,000円で容量1GBを30日間利用できる「プラン1G」と、5,000円で容量3GBを60日間利用できる「プラン3G」の2種類で、追加チャージもできます。

SIMカードのサイズは、標準、マイクロ、ナノの3種類から選べます。
購入から利用開始までの様子が、次の記事に詳しくまとめられています。

参考記事:日本初のSIM自動販売機にいちばんのりしてみた!(週刊アスキー)
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/215/215592/

気軽にSIMカードが購入できること、購入時に言葉の壁がないこと、そして購入後すぐに使えることが、SIM自動販売機のメリットです。

SIMカードだけでなくスマホやモバイルルーターまで買える自動販売機も

NTTコミュニケーションズも、訪日外国人観光客向けに自社のプリペイドSIM「PREPAID SIM FOR JAPAN」を販売する自動販売機を設置しています。
設置場所は、関西国際空港、成田国際空港、中部国際空港の到着口のほか、アクアシティお台場3階インフォメーションすぐそばにも置いてあります。

■設置イメージ図 参考:http://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2015/20150717_2.html

購入できるプリペイドSIMは2種類で、容量が1日100MBで7日間有効のものが3,726円、同容量で14日間有効のものが5,346円です。
SIMカードのサイズは、標準、マイクロ、ナノの3種類を用意しています。自動販売機にはタッチパネルが備え付けてあり、画面を見ながら購入と利用手続きができるようになっています。

同社設置の自動販売機はプリペイドSIMだけはありません。
格安スマホやモバイルルーターも買えるのです。

取り扱っているスマホはFREETELのprioriのみで、モバイルルーターはNECのAterm MR03LNとAvoxのAWR-100Tの2機種です。これらは単品での購入はできず、プリペイドSIMとのセットで購入しなければなりません。

■Aterm MR03LN

So-net同様、NTTコミュニケーションズの自動販売機は邦人でもプリペイドSIMやスマホの購入と利用手続きができます。
実際にこの自動販売機でスマホとプリペイドSIMのセットを購入したときの様子をレポートにした記事があります。

参考記事:格安SIMだけじゃなくスマホも買える!お台場に登場した夢のような自動販売機(週刊アスキー)
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/325/325595/

お台場のアクアシティは都内近郊に住んでいる人であれば気軽に行くことができます。
「スマホ自動販売機」をこの目で確かめてみたい人は、訪れてはいかがでしょうか。

観光地などへの設置に期待

プリペイドSIMの自動販売機は、空港以外に観光地にも設置すれば外国人だけでなく私たちにも利便性があります。
たとえば、旅先でSIMカードの使えるデジカメやゲーム機で予定外のデータ通信をしたいときがあります。
そのようなときに自動販売機があればプリペイドSIMを調達でき、目的を果たすことができます。

コンビニのようにあると便利なプリペイドSIIMの自動販売機、今後、設置が進めばプリペイドSIMの普及にもつながるでしょう。
格安SIMを提供する会社のさらなる取り組みに期待したいところです。