格安SIM会社NifMoが提供する独自サービスに注目

■NifMo公式サイト

格安SIM会社大手のNifMoは、インターネットプロバイダ大手のNiftyが運営母体となってサービスを提供しているMVNOです。

シェアはそれほど高くはないのですが、顧客満足度では常に上位に顔を出しており、安定した運営体制と充実したサポート体制が特に高い評価を受けています。
取扱店舗もまだ少ないのですが、今後家電量販店内の直営店舗を広げていく予定としており、その動向が注目されています。

そのNifMoが注目されているもう一つの理由として、NifMo バリュープログラムという独自サービスがあります。

参考:NifMo公式サイト

スマートフォンの利用料を節約する新たな取り組みとして、他のMVNOに先駆けて導入しているこのプログラムを今回は詳しく掘り下げてご説明いたしましょう。

提携サービスを利用することで利用料金が割引

■NifMo公式サイト

NifMoバリュープログラムとは、NifMoの指定する提携サイトで買い物をしたり、提携サービスを利用したりすると、スマートフォン利用料金が割引になるというサービスです。

「提携先の料金が安くなる」「提携しているサービスのパケット通信がカウントフリーになる」といったサービスは他社でもありますが、提携先を利用することで「本体の通信料金が安くなる」というのは非常に珍しいといえます。

しかも提携サービスは日常的に利用するものが多く、「いつの間にか安くなっている」ということもありますね。

では、具体的にどのようなサービスが提携先として挙がっているのか見てみましょう。

  • ショッピング    
    大丸松坂屋オンラインショッピング、高島屋オンラインストア、LOHACO 、
    セブンネットショッピング、Yahoo!ショッピング、アカチャンホンポ 、 るるぶショッピング
  • ファッション    
    スーツセレクト 、 ZOZOTOWN 、洋服の青山 、アイルミネ
  • パソコン・家電    
    エレコムダイレクトショップ、ドスパラ 通販ショップ、Panasonic Store 、ヤマダモール
  • 雑貨・家具  
    東急ハンズ ネットストア、Afternoon Tea Online Shop
  • グルメ    
    大阪王将、うまいもんドットコム 、JAタウン
  • スポーツ    
    ナイキオンラインストア 、ゴルフパートナー 、好日山荘

数が多いため一部のみピックアップしました。
すべての提携先を確認するには公式サイトを参照してください。

参考:NifMo公式サイト

このように、かなり多くの提携先があります。
これらの提携先で買い物をすると、その分スマートフォン利用料金が割引となるのです。

また、対象となるのは買い物だけではありません。
レストランでの食事や指定アプリのダウンロードなど、多くの日常的な消費活動が対象となっています。

どのくらい割引になるのか?

■NifMo公式サイト

例えば音楽ストリーミングサービスのAWA。こちらのアプリをダウンロードすると85円が割引となります。

また、アカチャンホンポで買い物をすると、買い物額の2.5%が割引となります。割引率はサイトによって異なり、Yahoo!ショッピングならば1%とやや低めです。

仮に、アカチャンホンポで20,000円分の買い物をしたとしましょう。その2.5%に該当する500円が翌月のNifMoのスマートフォン利用料から差し引かれるという仕組みです。

割引が反映されるタイミングや条件などが利用状況によって異なるので一概には断言できませんが、場合によってはかなり安くスマートフォンを利用できることに違いありませんね。

まとめ

NifMo バリュープログラムを上手に活用すれば、月額料金を驚くほど低く抑えることが可能となります。

特にネットショッピングを頻繁に利用している方、あるいは外食の多い方などは、条件次第ですがほぼ無料でNifMoを利用することが可能となるのです。

自身のライフスタイルを振り返り、買い物やグルメに関する出費が多い方は、ぜひこのNifMoの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
使い方次第ではトータルの生活コストを大きく削減することができますよ。

この記事を書いた人

h.katsura
h.katsura
福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。
20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。