国内MVNOのシェアは大手6社で60%弱!

MVNO市場は年々拡大を続けており、調査会社MM総研の調べによると、MVNOの総契約数は5,500万回線を超えるとされています。(2016年9月末時点)

それに伴いMVNO市場には続々と新規企業が参入しており、その正確な事業者数はどのメディアも正確に把握していないようです。
しかし、市場シェアは大手6社(NTTコミュニケーションズ、IIJ、楽天、ケイ・オプティコム、ビッグローブ、U-NEXT)で60%弱以上を占めており、残りのシェアについては新規参入を含めたその他の事業者で競い合うという構図になっています。

そこで今回はまだあまり知られていない、その他のマイナーな事業者について数社ピックアップし、その特徴とともにご紹介いたします。

意外と知られていないMVNOを紹介

1、スマモバ

参考:https://smamoba.jp/

運営会社:スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社

【特徴】
もともとはwi-fiルータを使用したデータSIMをメインとしていましたが、音声対応SIMも新たにリリースし、タレントの吉木りさをイメージキャラクターに据えるなど大々的なプロモーション活動を展開するようになりました。
ネットだけでなくショップ展開も積極的に進めています。

2、@モバイルくん

参考:https://www.mobile-kun.jp/

 運営会社:SORAシム株式会社

【特徴】
音声通話SIMの「もっと使ったぶ~んだけプラン」で契約すると、データ通信量500MBを使い切ってしまった場合に500MB単位でデータ容量がオートチャージされるという個性的なプランが目を惹きます。

3、nuroモバイル

参考:http://mobile.nuro.jp/

運営会社:ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

【特徴】
月間のデータ容量を制限したプランだけでなく、1日5時間使い放題プランを導入している点が特徴。
月間データ容量制限プランも1GB単位で細かく設定されており、自分のスマートフォン利用シーンにあわせてプラン選択が可能です。

4、SkylinkMobile

参考:http://www.elecom.co.jp/slm/slm/jp/

運営会社:エレコム株式会社

【特徴】
パソコン周辺機器大手のエレコムが運営しているMVNOです。
050から始まるIP電話「SkyLinkPhone」を前面に出し、データ養老に制限のないフリーデータコース(通信速度300kbps)と組み合わせてとにかく安く使いたいという人向けのプランが充実しています。

5、J:COM MOBILE

参考:http://www.jcom.co.jp/service/mobile/

運営会社:株式会社 ジュピターテレコム

【特徴】
CATVで有名なJ:COM。インターネットサービスと合わせて格安スマホ事業にも参入しています。
料金プランは他社と同等で特に大きな差はありませんが、このサービスの最大のメリットは無料で自宅訪問しwi-fi設定サービスや使い方のレクチャーを行ってくれるところ。
高齢者世帯には大人気です。

6、ロケットモバイル

参考:https://rokemoba.com/

運営会社:株式会社エコノミカル

【特徴】
最も安いと評判の「神プラン(298円)」で話題のロケットモバイル。
その代わり通信速度は200kbpsですが、データ量に制限なく利用できるプランとしては業界最安値と言われています。
独自のロケモバポイント制度を利用するとさらに安く抑えることも可能です。

7、BBIQスマホ

参考:http://mobile.bbiq.jp/

運営会社:九州通信ネットワーク株式会社

【特徴】
docomo、au、それぞれの回線に対応したSIMを提供しているサービスです。
他社では通常契約事務手数料が3000円発生しますが、ここは0円。音声対応SIMが3GB1,600円と決して高くはありません。フランスのおしゃれなSIMフリースマホ「ALCATEL」ブランドを取り扱っている点も特徴です。
電力系が親会社であるため運営母体もしっかりしています。

8、AIRSIMモバイル

参考:https://airsim.jp/

運営会社:株式会社エア・コミュニケーション

【特徴】
音声通話がほとんどなく、データ通信がメインという利用であれば最も安いといえる画期的なサービスを導入しているのがここ。
対象アプリをダウンロードし条件を満たせば翌月のデータ通信料が無料となるプランが注目を集めています。

まとめ

今回、8社ほどマイナーなMVNOをピックアップしてみましたが、これ以外にも多くの企業が市場に参入し独自サービスでシェア拡大を狙っています。
マイナーなMVNOはユーザーが少ない分実質的なデータ通信速度が速いとも言われており、これらマイナーなMVNOが今度どの程度ユーザー数を伸ばせるか、注目ですね。

この記事を書いた人

h.katsura
h.katsura
福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。
20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。