格安SIMの使い道は、SIMフリーのスマートフォンやタブレットぐらいだろうと思いがち。実はほかにも使える機器があるのです。
デジカメで知られるあのデジタルカメラです。
デジタルカメラの中にはSIMカードを使ってモバイル通信が利用できる「SIMフリーカメラ」と呼ばれる機種があります。このSIMフリーデジカメはどんな特徴があり、どんな活用ができるのでしょうか。

SIMフリーカメラとはどんなデジタルカメラ?

SIMフリーカメラとは、SIMカードを挿入して通信機能をもたせたデジタルカメラです。
形は典型的なコンパクトデジタルカメラと変わりません。大口径のレンズと高性能の画像センサーに加えて、どこでもインターネットに接続できる通信機能をもたせているのがSIMフリーカメラの特徴です。
しかも、モバイル用のOS(Android)で動作するので、スマートフォンで使えるアプリも使えます。

モバイルOSを搭載し、アプリも動作するのであれば、SIMフリーカメラは一般的なスマートフォンと同じなのではと思うかもしれません。しかし、両者には商品コンセプトとして明確な違いがあります。
スマートフォンは、通話やインターネットを利用するための情報端末を主体にしています。これに対して、SIMフリーカメラは、撮影機器すなわちカメラを主体にしているのです。

ちなみに、SIMフリーカメラは携帯電話の売り場ではなく、デジタルカメラの売り場に置いてあります。

きれいな写真を撮ったらすぐさまSNSへ投稿できるのが魅力

参考:https://www.facebook.com/

風景や料理、動植物といった被写体は、高性能のレンズと画像センサーを搭載したカメラで撮影すると、色彩が豊かで繊細な部分まで鮮明に写すことができます。こうした写真を撮ることができるのがSIMフリーカメラの長所です。
そして、通信機能を使ってFacebookやTwitterなどのSNSへ投稿でき、登録している友人やフォロワーから「いいね!」のリアクションを受けられます。

これまでデジタルカメラで撮影した写真をSNSに投稿するときは、写真を保存したメモリーカードをスマートフォンまたはパソコンに移し替えなければなりませんでした。SIMフリーカメラを使えば撮影後に投稿するだけでよいので、美しい写真を手間いらずで大勢の人に見せることができます。そして、喜びや感動を共有することができるのです。

代表的な機種は高性能レンズを搭載したLUMIX CM10

SIMフリーカメラとして代表的なのが、パナソニックの「LUMIX CM10」です。

LUMIX CM10
LUMIX CM10

LUMIX CM10の最大の特長はレンズです。
世界的に有名なカメラメーカーであるライカのDCエルマリート 28mm(35mm判換算) F2.8を採用しています。このレンズの性能を生かせば、スマートフォンのカメラでは難しい、背景をぼかした写真も撮ることができます。

有効画素数は2010万画素で、画像センサーは1.0型のCMOSを使用しています。これは、高級コンパクトデジカメに使われている大型で高感度の素子です。

OSはAndroid 5.0を搭載し、液晶画面は4.7インチ、Wi-FiやGPS機能も内蔵しています。対応するSIMカードはmicroSIMで、モバイル通信はLTEにも対応しています。なお、LUMIX CM1には携帯電話としての通話機能はついていません。

価格はオープンで、2016年11月時点で5万前後です。(価格.comより

スマートフォンのカメラ性能は日進月歩で向上していますが、画質はLUMIX CM10のほうが評価が高いようです。高画質の写真をSNSに投稿したい人には興味を引く一台といえるでしょう。