■リクナビ2018 ファーウェイジャパン新卒募集要項

初任給40万で新卒募集するファーウェイジャパン

ここ2年程の間に次々と革新的なスマートフォンを発表し、日本における格安スマホ市場で確固たる地位を築いたファーウェイ。

そのファーウェイの日本法人であるファーウェイジャパン(華為技術日本株式会社)が、日本の優秀な学生を採用しようと、大手就職情報サービス「リクナビ2018」上で募集を行っています。

募集要項がサイトにアップされた瞬間から、記載されている内容がインターネットをはじめとするさまざまなメディアで拡散されました。その理由がこの写真です。

何とこれまでの日本企業の常識を覆す「初任給40万円台」という破格の高待遇で募集をかけており、新卒採用市場に大きな衝撃を与えました。

募集職種は通信ネットワークエンジニアをはじめとする理系技術者。理工系を専攻している学生であれば応募資格があります。

しかも外資系でありながら求める語学力はそこまで高くなく、募集要項によると「英語または中国語:簡単な会話が出来る程度」とあります。

平成28年の大卒初任給平均が203,400円厚生労働省「賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」より)である日本において、その倍の初任給を出して優秀な新卒社員を採用するファーウェイの資金力に唖然とするばかりです。

ところで、ファーウェイという会社のことをみなさんどれくらいご存知でしょうか。
正直、「スマートフォンを作っている中国の会社」程度の認識しかない人も多いと思います。

そこでファーウェイの企業規模や事業内容などを簡単にまとめてみました。

主力は通信事業者向けソリューション

■ファーウェイ公式サイト:http://e.huawei.com/jp/products/enterprise-networking/switches

ファーウェイは世界170カ国で事業を展開している超大手IT企業です。

従業員は全世界で17万人を超え、売上高は約7兆3,273億円。
これはパナソニックや丸紅に匹敵する規模です。

R&Dに力を入れている企業としても知られており、毎年売上高の10%以上を研究開発に投資すると明言しています。

ファーウェイの事業の柱は大きく3つあります。

1、通信事業者向けネットワーク事業

携帯電話の基地局やデータ通信網などを構築しています。
ネットワークの高速化・大容量化を得意としており、ソフトバンクなど日本の大手通信事業者もファーウェイのテクノロジーを利用したネットワークを構築しています。

この領域では、通信事業者世界トップ五十社の中で四十五社がこの企業を採用しているという圧倒的なシェアを誇っています。

2、コンシューマー向け端末事業

■HUAWEI P10 Plus

こちらはみなさんにおなじみのスマートフォンなどのデバイス製造事業です。
近年はタブレットやモバイルノートPCなども発売しており、打倒Appleを目指して次々と新しい製品を開発しています。

3、法人向けICTソリューション事業

サーバー、ストレージ、スイッチといったIT機器を法人向けに販売・導入する事業です。

なお、千葉県に開設予定の工場ではこれらのITネットワーク機器の製造を行うと発表しています。
また、クラウドコンピューティングやSAP HANAソリューションなども手掛けています。

次世代通信規格5Gに向けた取り組み

現在ファーウェイが最も力を入れて開発しているのが、次世代通信規格5G対応の基地局ネットワーク構築プロジェクトです。

2020年に向けて本格稼働が期待される5Gネットワークは、これまで以上の大容量データのやり取りを可能とし、ARやVRなど新しい体験をより身近に感じることができるようになります。

この5Gネットワーク構築におけるファーウェイの取り組みは世界でも最先端と言われており、すでに一部では実証実験も行われています。

まとめ

今や世界のモバイル通信業界で圧倒的な存在感を示しているファーウェイ。もはや世界の通信ネットワークはファーウェイなしでは成り立たなくなっています。
日本のスマートフォン市場に参入したのが2014年。
そこからわずか3年余りでここまでシェアを広げた技術力・対応力の高さも侮れません。

なるほどこうやってみると、初任給40万を提示するにふさわしい会社であることがお分かりいただけると思います。

個人的にはファーウェイの勢いに対抗できる日本企業の出現を期待していますが、そう簡単にはこの勢いは止まりそうにありませんね。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。

この記事を書いた人

h.katsura
h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。

20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。