格安スマホ市場において存在感を増す中国製スマートフォン

日本における格安スマホ市場では、富士通やシャープなどと並んで海外メーカーによるスマートフォンが数多くラインナップされています。

メジャーな海外メーカーとしては、Zenfoneシリーズを発売している台湾のASUSや大手キャリアでも取り扱われている韓国のLGが挙げられます。

そんな海外メーカーによるスマートフォンがシェアを伸ばす中、ひときわ大きな存在感を放つのが中国メーカーによるスマートフォン。

一時期は「中華スマホ」などと揶揄され「安かろう悪かろう」の代名詞でもあったのですが、メイドインジャパンとほぼ変わらぬ信頼性を確保するに至り、現在では多くの国内ユーザーを獲得しています。

そこで今回は、今注目の中国スマホメーカー、huawai、OPPO(オッポ)、vivoの3社にスポットを当て、現在リリースされている機種の特徴や今後の展開などについて解説いたします。

既に日本市場に定着した感のあるHuawei

■公式サイト http://www.huawei.com/jp/

日本市場における中国スマホメーカーとして今最も勢いがあるメーカーがHuawei(ファーウェイ)です。
以前は中国メーカーと言えばLenovoのイメージが強かったと思いますが、現在LenovoはPCに経営資源を集中しておりスマートフォン製造は縮小傾向にあります。

HuaweiはそのLenovoに変わってスマートフォン市場で急速にシェアを伸ばし、今や世界的に見てもApple、Samsungに続く第3位のポジションにまで成長しました。

日本にはフラッグシップモデルとなるmate9をはじめ、P9、P9Lite、Honorなど複数のラインナップで展開しており、多くのMVNOで端末セット販売が行われています。

また、ECサイトの楽天市場内にファーウェイ・オンラインストアを開設するなどプロモーションにも力を入れており、今や価格ドットコムのスマートフォン人気ランキングにおいて複数機種が上位ランクインするまでに成長しています。

Huawei(ファーウェイ)の端末の特徴は、ライカレンズを搭載するなど高性能のカメラ機能を売りにしている点、及び操作性やインターフェイスに優れ他社から乗り変えても違和感を感じない点などにあります。

また性能の割に価格が安いのも特徴のひとつですね。

今後もニューモデルを続々と日本市場に投入する予定であり、引き続き目が離せないメーカーとなりそうです。

世界市場で驚異的な成長を見せるOPPO

■公式サイト http://www.oppo.com/en/index.html

日本では全く知名度が無いOPPO(オッポ)。
しかし、世界シェアでみると3位のHuaweiに次ぐ第4位のポジションを得ている中国メーカーです。
その伸びの勢いはHuaweiを猛追しており、近いうちにHuaweiを抜き去って世界3位のメーカーになるのではないかとさえ言われています。

中国をはじめとしてインド、フィリピン、シンガポールなどで実店舗網を広げる販売戦略でシェアを伸ばし続けており、近い将来の日本進出も視野に入れているようです。

以前は「iPhoneの劣化コピー商品」と言われ、まさに中国メーカーらしいスマートフォンを製造していました。

しかし近年は綺麗に取れる自撮りカメラ機能や急速充電機能などの独自技術を次々に導入し、他メーカーと差別化を図っています。

中国ではベスト5に入るシェアを誇るvivo

■公式サイト http://www.vivo.com/en/

OPPOと並び、中国市場で急成長を見せているのが世界シェアランク5位のvivo
こちらも日本市場には未導入ですが、中国市場においては急成長を見せており、OPPOとはライバル関係にあるメーカーです。

OPPOとは異なり、基本性能に注力しスペック重視の端末を製造しているのがvivoの特徴。
性能に対して割安感のある価格で市場シェアを拡大しています。

こちらも近いうちに日本市場参入が噂されており、いずれHuaweiやOPPOを含めた三つ巴の戦いが見られるかもしれませんね。

まとめ

台頭する中国メーカーに押され、国内メーカーの存在感は薄くなる一方です。
ハイスペック端末ではいまだにSONYやNECなどが健闘していますが、格安スマホ市場は中国メーカーをはじめとした海外メーカーの独壇場と言っても良いでしょう。

今後ここに挙げたような中国メーカーが日本市場に進出することで、その傾向がより強まると思われます。
楽しみな反面、少し寂しい思いもしますね。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。

この記事を書いた人

h.katsura
h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。

20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。