趣味でサイクリングを楽しむ人の中には、高価な自転車を所有している人もいるのではないでしょうか。
こだわりの二輪車で走る喜びはひときわ格別でしょう。

しかし、常によぎる不安が盗難です。
ちょっと目を離した隙に、何者かに盗まれてしまえば金銭的損失だけでなく、精神的なショックも大きいはずです。

最近、自転車用に盗難を防止する電子機器が開発されました。GPSを内蔵していて、追跡もできる優れものです。

盗難の不安を抱える高級二輪車オーナーには見逃せません。

市販のGPSトラッカーは自転車では使いにくい

念願の自転車を手に入れた人にとって、同時に抱える不安が盗難。
頑丈な施錠グッズを使って万全な対策をとっても、不測の被害に遭うこともなきにしもあらずです。

盗難されてもすぐさま追跡できる発信器のようなきツールをあれば持ち主にとって安心です。

最近ではGPSを内蔵し、スマホに位置情報を常時送信してくれるGPSトラッカーという機器が販売され、盗難対策にも活用されています。

参考:SIMフリー3G/GPSトラッカー、子どもや高齢者の見守りなど活用は多彩

しかし、GPSトラッカーはもともと身につけたりカバンの中に入れて使うように作られています。しかも、モバイルルーターのような形をしていて、自転車に取り付けて使うには不向きです。

サイクリング愛好家にとって、自転車に適したGPSトラッカーがあれば盗難の不安が解消できると思うに違いありません。

自転車用のSIMカード内蔵型GPSトラッカーが開発

高級自転車を所有している人にとって、朗報となるニュースがあります。クラウドファンディングを通じて自転車用の盗難防止機器を開発するプロジェクトが進められているのです。

現在開発を進めているのは、自転車に簡単に取り付けられ、GPSからの位置情報を通信回線で常時送出できるSIM内蔵型の盗難防止機器「GPS Blumo(ブルモ)」です。

 

■GPSBlumoのイメージ 参考:https://readyfor.jp/projects/SI-GPS-Blumo

 

プロジェクトを立ち挙げたのは、BluetoothやGPSを用いた測位機器を製作しているスマートイノベーション株式会社です。

参考:スマートイノベーション株式会社

GPS Blumoは、自転車に取り付けておけば1年程度は常に位置情報をモバイル回線を通じて送出できるのが特徴です。

バッテリーは市販のDR2032ボタン電池で、電池が切れたときは自分で交換できます。
また、内蔵のSIMカードは、製品と提携している携帯電話会社のプリペイド式のものが組み込まれています。

パケットを消費しきった場合は再チャージをすることで継続的に使用できます。

位置情報の取得は、スマホやPCで専用のウェブサイトにアクセスして取得します。マップと連動して表示し、リアルタイムで追跡することができます。
当初は、スマホアプリを提供する予定でしたが、開発側の都合でウェブで提供する方針に変更したとのことです。

大きさは、タテ70ミリ、ヨコ50ミリ、厚さ20ミリで、タバコの箱よりもひとまわり小さいくらいです。
自転車での使用を考慮し、雨に濡れても大丈夫なように防水設計を施してあります。

希望小売価格は13,800円で、クラウドファンディングサイトから申し込むと予約特価として1万円で入手できます。

最初のスケジュールでは生産と出荷がすでに始まっています。しかし、2017年8月現在、予定通りには進んでいないようです。
生産・出荷まであと少しのところまできているようなので、もう少し様子を見守りたいところです。

ママチャリにも使える!

GPS Blumoは希望小売価格は、大人用のママチャリと同じくらいです。
ママチャリを盗難されたときは、探す努力をするよりも、いっそ新品を買った方が得と考えるかもしれません。

しかし、繰り返し盗難被害に遭えば無用な出費がかさみます。何より、乗り慣れている自転車を失うのは不便です。

盗難された自転車が戻ってくる可能性はきわめて低いのが現状です。それだけに、GPS Blumoをつけておけば、盗難されても取り戻せる可能性は高まります。

生活の足として使っている自転車にも、GPS Blumoは大いに役立つでしょう。