年収が高い人ほど格安スマホに興味がある

格安スマホ大手のビッグローブが20歳以上の男女1,703名を対象に行ったアンケート調査(参考:http://news.mynavi.jp/news/2017/09/28/162/によると、格安スマホの認知度は既に9割を超えており、多くのユーザーが格安スマホに対して興味があるという結果が浮き彫りとなりました。

この「格安スマホ/SIMに関する意識調査」は2017年8月にインターネット上で行われており、格安スマホに関するさまざまな質問に対しユーザーが答えるという形式をとっています。

その中で最も注目を集めたのが、「格安SIMに替えるとスマホ代がいくら安くなるのか知っていますか」という質問。

回答者1703名のうち560名にあたる32.9%のユーザーが「知っている」と回答しているのですが、その中で年収800~1200万円のユーザーに絞ってみると実に半数近くの45.7%が「知っている」と回答しているのです。

つまり、全ユーザー平均よりも、年収の高い(800~1200万円)層の方が格安スマホを利用すると安くなると認識している、つまり格安スマホのメリットを理解しているということです。

あわせて、年収1200万以上、年収400~800万円という層も平均を上回る数字となっています。

年収400万円以下の層が最も格安スマホのメリットを理解していない層という結果になっているのです。

今のスマホは高すぎる!

そしてもう一つ興味深いアンケート結果があります。

全ユーザーの何と6割弱の人が「今の新品のスマホは高い」と感じているということ。

iPhone8でも10万円超えとなり、11月発売予定のiPhoneXに至っては14万円台の値付けがなされています。
もはやノートパソコンよりもスマートフォンの方が高いという現状に、多くのユーザーが不満を感じているということですね。

その結果、次の質問である「毎月3,000円安くなるなら格安SIMに変えても良いか」という質問に対して、66.8%がyesと回答しています。
新品スマートフォンの価格の高さ、そして既存キャリアの料金プランの高さに対し、7割弱のユーザーが不満を感じているのですね。

実はこの項目でも、年収の高い(800~1200万円)層が最も積極的に乗り換えを検討しているという結果となっています。

年収の低い(400万円以下)の層が格安SIMへの乗り換えに対して最も消極的であるのと対照的ですね。

なぜ年収が高い層が積極的なのか?

調査の結果、年収が比較的高い層の方が格安スマホに興味があり、格安スマホへの乗り変えについても積極的であるという傾向が判明しました。

では、なぜこのような結果になったのかを考えてみましょう。

年収が高いということは、ほぼイコールで”ビジネスエリート”であると言ってよいでしょう。
医師や経営者などもこのくくりに含まれます。

これらビジネスエリートは、平たく言えば「仕事ができる」人達であり、仕事ができる人達に共通のある思考がベースになっていると思われます。

1、比較検討をするクセがついている

仕事のできる人は、常に選択肢を複数用意し、メリットデメリットを比較検討しながら最適な選択を行うというクセがついています。
盲目的に「今使っているのがこれだから次もこれにする」という安易な発想には陥らない傾向が強いでしょう。

2、機能重視で物を選ぶ

見た目やブランドよりも機能性を重視する考え方を持っています。自分が必要としているものを見極め、決してオーバースペックとなるような高い買い物をしません。つまり、見栄を張ることに対し懐疑的なのです。

3、周囲に流されない価値観を持つ

仕事のできる人は自分の意見を持っています。
周囲の同調圧力に流されることなく、自分だけの価値観を持っているため、「人と違ってもかまわない」という傾向があります。

このように、仕事やプライベートにおける思考がそのままスマホ選びにも適用されており、格安スマホへの興味につながっているのではないかと思われます。

まとめ

この手の調査は以前から何度も行われており、すべての調査で同様の結果が出ていることから、年収と格安スマホ選びにはある程度関係があることは確かです。

年収の高い人は一般的に毎月数千円の通信量の違いなど気にも留めないと思われがちですが、実はそうではないということが分かります。

逆に年収の低い人の方がスマホに対して高い投資を行っているということですが、年間数万円にものぼる通信量削減は、年収の低い人ほど大きなメリットがあるということをもっと知っておかなければならないのではないかと思います。

 

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。

この記事を書いた人

h.katsura
h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。

20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。