2016年12月、ANAがスマホ市場に参入した!

参考:https://www.ana.co.jp/amc/anaphone/

スターウォーズやエヴァンゲリオンなど、キャリアと作品がコラボレーションしたスマホは過去にもいくつかリリースされています。そのどれもがデザインやウィジェットなどに工夫を凝らし、作品イメージをスマホに反映させていましたが、実用性という意味においては「マニア受け」の域を出ないものでした。

そんな中、2016年12月2日に発売開始されたANAスマホは、飛行機マニアはもちろんのこと魅力的な利用特典によって旅行好きなスマホユーザーをも取り込めるスマホとして注目を集めています。

このANAスマホ、ベースとなる機種はソニーモバイルコミュニケーションズのアンドロイドスマホXperia XZ
2.2GHz/1.6GHzクアッドコア、5.2インチ トリルミナスディスプレイというハイスペックの人気機種です。

■Xperia XZ

マニア心をくすぐる壁紙や世界時計などオリジナルアプリが複数プリインストールされており、ANAらしくおしゃれな画面デザインも特徴的です。
しかし、このスマホの最大の特徴は、デザインではなく利用料金に応じてANAマイルが貯まるというオリジナル特典にあります。

利用料金に応じてANAマイルが貯まる特典

参考:https://www.ana.co.jp/amc/anaphone/

料金プランは複数ありますが、最も安いプランの「スマ放題+データ2GB」だと、月額利用料は6,500円となり、自動的に毎月300マイルがANAマイルとして貯まります。あわせて、契約期間(2年間)においてANAの運行する便に搭乗するとボーナスマイルが取得できます。
「スマ放題+データ2GB」プランなら1フライト当たり4,000マイルがボーナスマイルとして付与されるのです。

それ以外にもさまざまな料金プランが用意されており、「スマ放題+データ30GB」プランであれば2年間の契約期間で最大34,400マイルが貯まるという、とてもお得な設定になっています。

利用キャリアはsoftbank

参考:http://www.softbank.jp/partners/ana/

プラン名からもわかる通り、利用キャリアはsoftbankになります。
厳密に言えばsoftbankの子会社であるSBパートナーズ株式会社がMVNOとなって回線を提供しているサービスです。従って、通話・通信エリアもsoftbank網を同様です。
ただし、MVNOではありますが利用料金はsoftbank契約と比較しても1円も変わりません。

どのくらいお得なのかシミュレーションしてみた

さて、このスマホがどれだけお得なのか、具体的な利用シーンに沿ったシミュレーションを行ってみます。

仮に、

  • 契約プランを「スマ放題+データ20GB」月額9,000円
  • 独身で東京在住。2年間でANAを利用した沖縄一人旅に2回行く

というシーンで試算してみましょう。

このプランであれば、毎月500マイルが自動で貯まるため、24か月で12,000マイルとなります。
プラスして4回分のボーナスマイルが取得できるため、16,000マイルが加算。
もちろん、搭乗マイルも加算されますので、羽田~那覇間738マイル×4回で2,952マイルも加算されます。従って、全合計30,952マイルを2年間で貯めることができます。
この30,952マイルがどのくらいの価値があるか、を確認してみましょう。

2年間使えばシンガポール往復航空券が手に入る!

参考にしたのはANAマイレージクラブのマイル交換ページ。
国際線の特典交換ページによると、30,000マイルで以下の都市とのエコノミークラスの往復チケットに換える事が可能です。

【対象都市】
シンガポール、 バンコク、 ホーチミン、 ヤンゴン、 ジャカルタ、 ムンバイ、 デリー、 ハノイ、 クアラルンプール、 プノンペン

ローシーズンに限定されますが、スマホを日常的に利用し趣味の旅行を年1回楽しむだけでシンガポール往復航空券が入手できるほどのマイルが貯まるのです。

また、同じローシーズンですが国内のフライトだと30,000マイルで羽田~那覇を2往復できます。割引を使っても往復40,000円以上するこの区間の実際の航空運賃と比較してみると、どれだけお得かが容易に計算できますね。

このように、ANAスマホは毎月の利用料金こそ格安スマホと比較すると割高ですが、マイルが効率よく貯められるという点でアドバンテージがあります。無類の旅行好きならばぜひ契約を検討しておきたいスマホですね。

この記事を書いた人

h.katsura
h.katsura
福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。
20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。