発売から1年弱経過しても未だ人気ランキング上位

2016年 6月17日に発売され、9か月以上経った「HUAWEI P9 lite」。
後継機種の「HUAWEI nova lite」の発売が開始されたにもかかわらず根強い人気を保っており、価格.comのランキングでも未だ上位につけている人気機種です。

2万円台前半という価格帯であることや、美しいフォルム、必要十分なスペックなどが人気の理由として挙げられていますが、実際の使い勝手においては噂通りヘビーユースにも耐えうる高性能を低コストで実現した名機であると断言できる程です。

では、実際に「HUAWEI P9 lite」の購入を検討している方に向けその使い勝手などをご紹介いたします。

「HUAWEI P9 lite」の見た目や使い勝手

今回、「HUAWEI P9 lite」はamazonで購入しました。
縦横17センチ弱、厚さ4センチ弱の非常にコンパクトなケースに入って届きました。

中には本体と充電(PC接続兼用)ケーブル、イヤホンなど。これまたコンパクトにまとまって整然と並んでいました。箱はすべて白で統一されており、iPhoneを意識しているような気がします。

薄くて丸みをおびたフォルムは、大きさの割に持ちやすく、あまり重さを感じません。
それでいてそれとなく高級感のある仕上がりになっています。

ただし、持ちやすいフォルムであるがゆえに若干滑りやすく、落としやすいという欠点もあります。
利用時には保護ケース必須だと思いました。

その際、標準で同包されている透明の保護ケースはあまり役に立ちません。というのも、保護ケースでありながら滑りやすい素材でできているため、落としやすさは変わらないからです。通販サイトや店頭でこの機種用のケースを別途購入したほうが良いでしょう。

また、「落として壊れても安いからまた買いなおせばいい」と考えるならそれもアリです。

液晶画面は非常に明るく、さすがIPS液晶だけあると感心します。
iPhone(5シリーズや6シリーズ)と比較するとかなり見やすく、また、画面をタップした際の反応もスムーズです。

iPhone利用者が乗り変えてもほとんど違和感のない反応といっても良いでしょう。

背面には指紋認証センサーがあります。最初に人差し指の指紋を登録しておけば、次回起動時にこのセンサーに人差し指を振れるだけでスリープ状態から復帰します。

驚くのはその反応の速さ。指をスッと添えるだけで、1秒足らずでホーム画面が立ち上がります。
確認のため他人の指で試してみましたが、何度やっても立ち上がらない結果となり、認証精度も十分だと思います。

iPhoneライクな設定画面

次に、機種の設定画面を見てみましょう。
Android機ではあるため、設定画面はHUAWEIオリジナルのデザインです。これを見ると、設定画面はかなりiPhoneの画面を意識していることが伺えます。
すなわち、iPhoneから乗り変えても違和感が少ないのです。

また、人気機種であるため多くのユーザーがwebでレポートしています。
設定に迷ったら気軽にwebで調べられる点もメリットの一つですね。

バッテリー消耗を抑える管理ツール

また、常駐アプリが多ければ多いほどバッテリー消費が速くなります。
「HUAWEI P9 lite」には標準アプリとして端末管理アプリがプリインストールされています。

Windowsでいうところのタスクマネージャー的な役割です。1回のタップで無駄なアプリを停止しシステムの最適化を図ることが可能です。

高性能なメインカメラ

搭載しているカメラはメイン1300万画素、内側800万画素と必要十分なスペックです。
写真の様に夜のアーケードのイルミネーションという比較的スマホに厳しい条件で撮影してみましたが、スマホにしては申し分ない表現力だと思います。

まとめ

「HUAWEI P9 lite」の驚くべきポイントは、これらの性能やスペックをわずか2万円前半という価格帯で実現したこと。
スペックの高さを追い求めるならばもっと上位機種を狙うことになりますが、この価格でこの機種を入手できるという点は素晴らしいの一言です。

後継機種がリリースされた今、今後の値下げも期待できる「HUAWEI P9 lite」。
不満点のない優良機種として幅広い層におススメできます。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。

この記事を書いた人

h.katsura
h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。

20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。