進化する格安スマホのカメラ性能

昨年以降、MVNO各社から発売されるスマートフォンの高性能化は目を見張るものがあります。

CPU性能やバッテリー性能はもちろんですが、中でも特に進歩著しいのはカメラ性能。一昔前のハイスペックスマホすら軽く凌駕するカメラ性能を持ったスマホが1万台から手に入るという、ユーザーにとってはかなりありがたい状況だと言えます。

現在発売中のスマートフォンのカメラ性能ですが、メインカメラがロースペックでも800万画素、ミドルスペック以上になると1200~2000万画素とデジタル一眼レフカメラ顔負けの解像度を誇ります。

もちろん解像度だけではカメラ性能は語れませんが、スマートフォンでも手軽に高画質の画像が撮影できるようになったのは紛れもない事実。

そこで、スマートフォンのカメラ性能はデジタル一眼とどれほどの差があるのか、さまざまなシチュエーションで写真を撮り比較してみることにしました。

カメラ性能比較 デジタル一眼vs格安スマホ

今回比較対象となるスマートフォンとデジタル一眼をご紹介します。

■スマートフォン
Huawei P9Lite メインカメラ1300万画素(F2.0 オートフォーカス)

■デジタル一眼カメラ
CANON EOS Kiss X7  1800万画素 標準ズームレンズ(EF-S18-55mm F3.5-5.6 オートフォーカス)+ EF5018STM F1.8単焦点)

スマートフォンのHuawei P9Liteはミドルスペックスマホとして売れ筋商品であり、2万円前半で購入できます。
またデジタル一眼のCANON EOS Kiss X7はデジタル一眼入門機として高い評判を得ており、初めてデジタル一眼を購入するユーザーから支持を集めています。

この両者の写真を、さまざまなシチュエーションで比較してみましょう。

■シチュエーション【夕暮れの風景写真】

夕暮れ時の撮影は、色の表現においてカメラ性能の差が顕著に出るシチュエーションです。

まずはデジタル一眼から。

次にスマートフォン。

空の色のグラデーション、雲の濃淡表現などはやはりデジタル一眼の方が綺麗ですね。
しかし、手前の岩のメリハリはスマートフォンの方が上手に表現できていると思います。
レンズのF値の差がそのまま写真の明るさの差になった感じでしょう。

■シチュエーション【ネオンの夜景】

街中のネオンの夜景は光と影の差が激しく、センサー性能がモノをいいます。
まずはデジタル一眼から。

スマートフォンがこちら。

やはりスマートフォンだと光が滲んでしまいます。
水面に反射する光の表現も立体感が無く、全体的に落ち着いた写真になっていますね。

■シチュエーション【銅像】

次に、公園の銅像を撮影してみました。
まずはデジタル一眼から。

次にスマートフォン。

銅像の立体感、バックの緑の色鮮やかさなどに大きな違いがあるのがわかりますでしょうか。
晴天下ではこのようにコントラストに大きな違いが出てきます。

■シチュエーション【生き物(ズーム撮影)】

次に、ズーム機能を最大限に使って遠くの生き物を撮影してみました。被写体は池の水に浮かぶ水鳥です。

まずはデジタル一眼から。

次にスマートフォン。

デジタル一眼の場合、ズームレンズの機能を使って被写体に大きく寄るとどうしても画面が暗くなってしまいます。

スマートフォンの場合はズームというより拡大撮影であるため、若干画像は粗くなりますが暗くはならず、いい感じで撮れています。
立体感ではデジタル一眼ですが、写真が与える印象はスマートフォンの方が良いですね。

■シチュエーション【水面下の魚】

最後、水の中を泳いでいる魚を撮影してみましょう。こちらもまずはデジタル一眼から。

ほぼ同じ深さを泳いでいる鯉ですが、スマートフォンだと光の反射をセンサーがコントロールできずに白とびしてしまいます。

こちらはデジタル一眼の圧勝ですね。

■シチュエーション【飛んでいる鳥】

実は最も大きな差が出たのは、カメラ性能の中でもシャッターラグ(シャッターボタンを押してから撮影されるまでのタイムラグ)でした。

デジタル一眼の場合、

このように、飛んでいる鳥の様に動きの速い被写体でも、スムーズにその瞬間を撮影することが可能です。
つまり、シャッターラグがほぼ皆無なのです。
しかし、スマートフォンの場合は、シャッターラグが0.5~1秒くらいあるため、シャッターが下りた時には鳥はもうそこにはいません。
飛んでいる鳥をスマートフォンで撮影することは不可能でした。

まとめ

こうやってみると、デジタル一眼とスマートフォンのカメラ性能には、細かな差はあれどそんなに気になる程の大きな差はないということに気付かされます。
もちろん、得手不得手の撮影シーンはありますが、スマートフォンのカメラ性能の進歩には驚愕せざるを得ません。

今回の結果を受け、次回はさらにコントラストの差が大きい食べ物や人物、風景などで比較してみます。

この記事続きは→格安スマホのカメラ性能をチェック!デジタル一眼との差は?(第2回)

 

この記事を書いた人

h.katsura
h.katsura
福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。
20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。