格安SIMことMVNOとの出会い

私がMVNOへの乗り換えを本格的に検討し始めたのは2016年の春のことでした。
その頃、丁度良く契約していたキャリアの2年縛りが解除されている期間だった私は、かねてから興味を持っていたMVNOについて調べてみることにしたのです。

キャリアを利用していて最も不満だったのが、やはり料金に関する部分でした。
当時の私は5GB上限/月のLTE定額プランに加入していたのですが、通話をほとんどしなくても毎月6000円程度の費用はかかっていました。
はっきり言って、家計の大きな負担でした。

そこで、MVNOへの転出を検討するに当たり、まずキャリアと比べてどの程度安くなるのかをチェックしました。
仮に現在と同じ通信上限かつ電話番号を持ち込み(MNP)することとした場合、当時の相場は安いもので毎月1500円程度、高いもので毎月3000円程度だったと記憶しています。
どのMVNOを選んでも費用を半額以下に削減できると知って、正直なところ非常に驚きました。
現金な私はここでMVNOへの乗り換えに俄然やる気を見せ始めます。

転出先MVNOの決定

費用面がクリアになったら、次は具体的な転出先の絞り込みです。
第一目的が費用の削減なので安ければ安い程良いという思いもありましたが、乗り換えた結果が「使い物にならない」では話になりません。仕事で使うスマホだったこともあり、通信エリアやカスタマーサポート、運営企業に事業を継続していく体力があるかも加味して選ぶことにしました。

それらの条件を全て勘案して、私が白羽の矢を立てたのがmineoでした。

 参考:http://mineo.jp/about/
参考:http://mineo.jp/about/

「mineo」はケイ・オプティコムという会社が運営しているMVNOです。この会社は関西電力の系列企業なので、事業の継続性という点では折り紙付きと言えます。

また、通信エリアについてはキャリアの電波を間借りする形を取っているため、そのカバー範囲もキャリアとほぼ同等です。
カスタマーサポート関連では公式ページに設けられているチャットフォームが非常に便利であるというのが好印象でした。フォームを開いて疑問を打ち込むと、担当者が一対一で回答や案内をしてくれるのでとても分かりやすいのです。

これらの要素を踏まえて、私は遂に「mineo」に申し込むことに決めました。

乗り換え作業 各種手続き編

いざ乗り換えると決めたら、色々とするべきことが出てきます。
mineoの場合は通販で購入できるエントリーパッケージという物を利用すると、手数料がかなり割安になるので私の場合はまずそこからでした。
そして、忘れてはいけないのがキャリア側のMNP転出手続き。それまでの電話番号を使い続けたいなら欠かすことはできません。
また、キャリアによって端末をSIMロックという別のSIMカードを使えない状態にされている場合がありますので、もし自分の端末がその状態なら解除の手続きも必要となります。

そんなこんなを済ませ、mineo公式ページでの申し込みを終えると、一週間もしない内にSIMカードやマニュアルが封入された小包が届きました。
いよいよ回線の切り替えです。
SIMカードを端末にセットして、PCなどで切り替え手続きを完了するとキャリアの解約とmineoとの契約が同時に成立します。つまり、もう後戻りができなくなる訳です。

実際のところ、この時の私はかなり緊張気味というか、おっかなびっくり作業を進めている感じでした。

乗り換え作業 端末編

多少話が前後しますが、利用開始に際しては端末側の設定も必要となります。

まず、端末にSIMカードをセットしなければ始まらない訳ですが、SIMカードは精密機器なので埃や傷の付着など無いよう手袋の使用が推奨されています。
正直、取り扱いが繊細過ぎて気を揉まされましたが、仕方ないと諦めて作業をしました。

そうして、SIMカードをセットして端末の電源を入れると、しばらくして待ち受け画面が表示されます。この段階ではまだ電波は受信できていません。ここからちゃんと通信ができる状態に持っていかなければならないという、手に汗握る戦いの始まりです。
と言っても、全てのページを見た訳ではないので一概には言えませんが、結構な数のスマホで個別の手順説明がマニュアル内に用意されていましたので、基本的にはどんなユーザーでも指示通り設定するだけでオンライン状態まで持っていけると思います。
私が利用しているXperia Z4についても手順が記載されていたので、作業で困ることはほとんどありませんでした。

使ってみて良かった点

いよいよMVNOの利用開始です。実際に使ってみて感じたことについて触れていきます。

まず良かった点ですが、やはり一番は大幅に費用が節約できたことです。
毎月6000円程度から2000円程度へ約4000円の削減で、しかもスマホの支払いというのは基本的に今後もずっと続いていくものなので、この差は非常に大きいと実感しています。

また、良かった点というべきかどうか迷うところですが、意外に通信速度の低下が気にならなかったのも嬉しい誤算でした。

MVNOでは通信網の問題により、特にMVNO利用者が多く居る街中などデータが混雑する状況において通信速度低下が発生すると言われています。
しかし、少なくとも私の場合は例え人混みの中で利用しようが、満員のバス内で利用しようが以前と比べて通信速度が遅くなったとは感じませんでした。

体感できるレベルでの低下は起きていないというだけなのか、私が暮らす岡山にmineoユーザーが少ないのか。
はたまたmineoの設備投資が凄いのかは定かではありませんが、とにかく通信速度の低下に悩まされることは無く、ホッと胸を撫で下ろしています。

使ってみて悪かった点

ここまで基本的に良いことばかり言ってきていますが、当然、不満なことも結構あります。
どこまでが乗り換えの影響なのか実のところ定かではないのですが、書き連ねてみようと思います。

まず、私が最も問題視しているのがデータ通信量がかさむようになったと感じる点です。
可能な限り月ごとの通信上限に引っ掛からないようにしたいというのは誰しも考えることでしょうが、どうもmineoに変えてからというもの、同じことをするにしてもキャリアの頃よりデータ通信量を多く必要とするようになった気がするのです。これはヘビーユーザーにとって死活問題です。

また、Wi-Fiの接続が少し電波の弱いところに置いただけで簡単に切れるようになったようにも感じています。
これにより更に通信量がかさむことにもなりますし、日頃からスマホの置き場所を気にして行動するのは非常に面倒なので困りものです。

総合して

つらつらと色々書いてきましたが、あくまで個人的な意見としてはMVNOへの乗り換えを後悔してはいません。

しかし、手放しでお勧めできるかというと決してそんなことは無いと断言できます。
確かに費用面の削減効果は大きく、意外と問題無く使えるという印象も受けました。けれど、やはり安いからこそ費用面以外にマイナス要素が存在するのは避けられないのかも知れません。
そのため、よく調べ、よく考えて決断することを強く推奨します。

MVNOの公式ページにはよく「最低利用期間はありません」という文言がありますが、契約後1年以内のMNP転出では手数料が通常より1万円程度高くなるため、実質的には試してみて駄目ならすぐに転出というのは困難です。
様々な要素を秤にかけ、悔いの無い選択をするようにしてください。

※個人の感想です。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。