我が家で使用しているスマホと格安SIMの基本スペック

現在我が家では、iPhone6にDMMモバイルの格安SIMを挿入して使用しています。

iPhone6の基本スペックを紹介します。
残念ながらSIMフリー版ではなく、docomo系のiPhoneになります。
容量は満足のゆく125GB。ネットオークションで中古品を購入しました。
中古品でしたが、使用感はなかったので傷も少ない状態です。今のところ問題なく正常に動作しています。

DMMモバイルの格安SIMについて記載します。

使用プランは、通話SIMで8GBシェアプラン月額2,680円(税抜)を使用しています。
通話SIM1枚、データSIM2枚のプランを使用しており、iPhone6にはSMS付きのデータSIMを挿入しています。実家の家族が持っているiPhone2台を合わせて合計iPhone3台で、8GBを毎月シェアして活用している状況です。

使用し始めたきっかけ

現在のiPhone6を使用し始める前は、Y!mobileのガラケーを連絡用に使用していました。
天気に左右される外歩きの仕事をしていて、天気予報のチェックが日課でした。
しかしガラケーでは天気予報などを手軽に見られないことに不便も感じていました。そんな時、タイミング良く父親がネットオークションで落札した中古のiPhone6を譲り受けることになったのです。

それからというもの、外出先でも雨雲レーダーをすぐさまチェックできるので助かっています。特に沖縄という場所のせいか天気予報が外れることも多々あり、直近の天気情報を得られるのを有り難く感じています。
加えて市町村によって雨の降り具合も違うので、天気アプリは必須です。

現在は2台持ちで、Ymobileのガラケーを電話用に、データSIMが入ったiPhone6をSMSとネット専用として活用しています。

比較した格安SIMはDMMモバイルとOCNモバイル

今回iPhone6を使用するにあたり特に考慮したのは、どの格安SIMにするかでした。候補に挙がったのは、低価格の評価が高いDMMモバイルと安定感に定評のあるOCNモバイル

参考:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/
参考:http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/

どっちがデータシェアに向いているのかもポイントのひとつでした。

OCNモバイルのプランを使ってシェアするなら、音声対応SIMの10GBコースで3,000円(税抜)。そのSIMを複数人で分けるには、追加分の音声SIMなら一枚当たり1,150円、データSIMなら一枚当たり450円の追加料金が必要です。
速度は受信最大262.5Mdpsという申し分のない速さが提供されています。

一方DMMモバイルは、音声対応SIMの8GBコースで2,680円(税抜)、10GBコースでは2,890円(税抜)になります。
シェアコースがすでに設定されており、通話SIM1枚とデータSIM2枚の8GBコースが驚きの2,680円(税抜)、10GBコースも変わらず2,890円(税抜)とサービスが充実しています。

DMMモバイルで一番魅力的なのが、高速通信サービス。
使用場面に合わせて高速と低速の通信速度を切り替えることができ、高速通信の時は最大で下り375Mbpsが出ると言われています。

比較検討を重ねた結果、最終的に実家の父親が割安で高速通信をうたっているDMMモバイルの8GBシェアコースに決定しました。

DMMモバイルの使い心地

実際のDMMモバイルの使い心地をお伝えします。本音を言うと、最初は格安SIMをなめていましたが、実際に使ってみると考えを改めされました。以下が自宅での実測値になります。

沖縄県の我が家での実測(夕方6時ごろ)

●一回目 1.7Mbps

参考:http://www.speedtest.net/

●二回目 1.7Mbps


●三回目 1.7Mbps


●四回目 1.9Mbps

五回目 1.7Mbps


平均速度=1.7Mbps

結果は平均1,7Mbpsになりました。低画質の動画を見るぐらいなら申し分ない速度です。測定した場所は沖縄の割と田舎の方なので、都心部に行くとより速い通信速度を期待できます。

普段のiPhoneの使い心地は、サイト閲覧は全く問題なく使用できますし、360pほどの動画を見るときも停止せずに視聴できます。天気予報をよく見る仕事なので、高画質の天気図なんかもスムーズにチェックすることができるのは嬉しい限りです。

外歩きの仕事に加えて在宅で仕事もしており、その際にもiPhoneのお世話になっています。自宅のPCとテザリングして使用しているのですが、PCでサイトを閲覧し、ちょっとした画像をダウンロードするぐらいなら快適に使えます。

もし思ったより通信容量を使いすぎた月があったとしても、1GBなどの単位で追加できるのも嬉しいDMMモバイルのサービスだと感じています。個人的な意見としては、10GBや15GBなどの大容量プランがもう少し低価格になると利用しやすいのではないかと思っています。

これからのもくろみ

これからの考えとしては、ガラケーとスマホの2台持ちを面倒に感じているので、iPhone1台にまとめられないかと考えています。数か月以内には、Ymobileの三年契約の更新月なので早めにどうするかを決めなければなりません。

加えて、今Ymobileの副回線を使用している妻も、iPhoneを購入して格安SIM運用ができないかとももくろんでいます。先日iPhoneの新型が発売されて以来、iPhoneSEの価格が改定され大幅に値下げしたのも含めて検討している段階です。

格安SIMとして検討しているのは、通話SIMとデータSIMを駆使できるシェアプランを有力視しています。今使用しているDMMモバイルのシェアプランに加え、IIJmioのシェアプランを前向きに比較検討中です。

※個人の感想です。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。