格安SIMの基本情報

ソフトバンクから格安SIMへ移行してから9ヶ月が経ちました。スマートフォン本体は新しくAppleのiPhone6S 16GB SIMフリー版を購入し、SIMカードのみ楽天モバイルの通話SIM 3.1GBプランを契約しています。
同じ電話番号のまま移行できるので、特に使用状況に関しては以前と変化はなく、月々の携帯電話代は安くなったので総合的に満足しています。

使用している楽天モバイルSIMとiPhone6S

乗り換え前の使用状況

かれこれ10年以上、ソフトバンクのiPhoneを使用していました。格安SIMの存在は2年ほど前からちらほら聞いていましたが、なんだか難しそうだったのと、長年連れ添ったソフトバンクを解約することになかなか踏み切れずにいました。

ソフトバンクは通信速度に関しては特に不満もなく、ドラマなどの動画もスムーズに見れていました。月末には時々速度制限がかかっていましたが、追加でデータを買うようなことはしないように我慢していました。
唯一不満だったのは請求額で、毎月約1万円が請求されていました。
携帯電話は日々の生活に欠かせない存在ですし、毎月のことなので少しでも安く済ませたかったのと、iPhoneが使えるなら特に通信会社は問わないと思っていました。

また、電話は時々使用するくらいでインターネットの閲覧がほとんどなので、データ通信量が多いという自分の使用傾向もありました。大手3社であれば家族割などのプランも有りますが、私の場合最近はほとんどLINEで家族との会話を済ませていたので解約しても大丈夫と踏み切りました。

携帯電話内に記録されていた連絡先の移行に関しても、iPhone、iPad、MacbookProのApple製品を使用していたので、iCloudで常に同期された状態で各端末に共有しており、スムーズに乗り換えることができました。

格安SIMを利用した理由

イメージ

なんといっても料金が大幅に安くなることです。
できるだけ固定費を減らしたいと考えると光熱費や保険などいろいろとありますが、その中でも最も減らせる可能性があるもの、というのが毎月約1万円の請求がきていた携帯電話料金でした。
ソフトバンクにはポイントもたくさん貯まっていて捨てがたかったのですが、ちょうど2年契約の更新月がやってきたので今が乗り換えるタイミングだと決意しました。

まだ周りに格安SIMにしている知人がいなかったので、ただひたすらにネットで口コミを調べて手探り状態での乗り換えでした。

比較検討したサービス

SIMカードはたくさんの会社が出していて、近頃電車の広告やCMでも格安SIMの広告を見ることも多くなってきましたね。ますますどのSIMカードを契約したらいいか分からない方も多いのではないでしょうか。

最終的にFREETELと楽天モバイルの2つで迷いましたが、比較的どのサイトでも評価がよかったのもあり楽天モバイルにすることに決めました。

参考:https://www.freetel.jp/
FREETEL 参考:https://www.freetel.jp/

FREETELは価格が安くて通信速度は速いのですが、楽天モバイルは通信速度が安定しており(計測時期によって変化があるかもしれません)、楽天という大手の会社である安心感と、楽天カードを持っていたので効率よく楽天ポイントが貯まることもメリットでした。
また、実店舗があるのでその場でMNP切替が可能という点は、格安SIM初心者にとってはその場で質問もできるので安心できました。

ソフトバンクから格安SIMに移行するまでの手順

まず、MNP番号をソフトバンクに電話で問い合わせしました。
1度目はポイントが貯まっているので店舗で問い合わせしてもらえませんか、という言葉に誘導されてMNP番号を聞けないまま電話を切ってしまいました。
ポイントが貯まっていても惑わされず、NOと言える気持ちが大事だと実感しました…。

ようやく2度目の電話でMNP番号をゲットでき、それにてソフトバンクのiPhoneは解約となりました。
契約更新月だったので契約解除料はかかりませんでしたが、MNP転出手数料3000円と、iPhoneの端末代の残金が後日請求されることになりました。

次にSIMカードを入手するために、渋谷の楽天カフェへ足を運びました。

楽天カフェ 参考:http://cafe.rakuten.co.jp/

近くに楽天モバイルを契約できる実店舗がない方は郵送でも入手できるようですが、MNP番号の移行に1、2日電話が使用できない状態になるのでそれは避けたかったので、実店舗での契約をすることにしました。(現在は都内のコンビニで即日発行できるサービスもしているようです。)

楽天モバイルの申込内容確認用紙

当時はSIMカードを入手するまで1、2時間待ちという事前情報は得ていたのですが、楽天カフェに着くと行列ができており、事前に申し込み手続きをして一旦店を後にし、1時間後に楽天カフェの方から応対可能だというお電話をいただいて再び店を訪れるという流れでした。

端末に関しては、auやdocomoであればiPhone本体を継続して使用できるのですが、私は不幸にもソフトバンクのiPhoneを使用していたので、新しくSIMフリー版のiPhoneを手に入れなくてはいけませんでした。

白ロム(電話番号が記録されておらずSIMカードが入っていない状態の携帯電話)と呼ばれるiPhoneもネットで手に入るようでしたが、中古品であることや正規の入手方法ではない点が少し心配でもあったので、新品がよいと思いAppleストアでSIMフリー版iPhoneを買うことにしました。

当日の流れをまとめると、楽天モバイルでSIMカードの予約をする→Apple storeでSIMフリー版のiPhoneを購入→楽天モバイルで格安SIMの設定と説明を受ける(1時間程度かかったと思います)→iPhoneにSIMカードを入れるという手順でした。

その日はたまたまスムーズな流れでしたが、先にiPhoneを手に入れてからSIMカードを入手した方が、動作確認も楽天モバイルの方にその場でしてもらえるのでおすすめです。

乗り換え時の注意点

一点、ソフトバンクの罠にはまってしまったことがあります。

5年ほど前にソフトバンクで「アレコレソレキャンペーン」というiPhoneとiPadを同時に契約するとお得になるキャンペーンをやっており、その頃私もiPhone4Sに機種変更すると同時にiPad2も契約していました。
iPadは自宅でしか使用しておらず機内モードでWifi回線のみで使用していたので、月々の請求額は端末代(24回分割払い)のみでした。
端末代を払い終わった後のiPadの請求額は0円だったのでソフトバンクでの契約が継続しているということをすっかり忘れていたのですが、iPhoneを解約した後もソフトバンクから約5000円の請求が続いていたので問い合わせたところ、それがiPadの請求であることに気が付きました。
今までiPhoneとiPadをセットで契約していたからこそ安くiPadが手に入っていたのですが、iPhoneを解約したと同時にiPadの請求が発生し始めたというわけです。そのことに気付いた後すぐにiPadのソフトバンク解約も行いましたが、更新月まであと5ヶ月ほどあったので結局契約解除料10260円をソフトバンクに支払うことになってしまいました。

iPhoneの更新月ばかりに気を取られていて、iPadの契約月もあることに気がついていなかったのです。
それぞれの端末に対して契約更新月が存在し契約解除料がかかるので、私のようにiPhoneと同時に他の機器も契約している方は要注意です。ソフトバンクを解約した後の請求額も念のため確認した方がよさそうです。
そんなハプニングもありましたが、ようやく完全にソフトバンクから全ての機器を解約することができ、晴れて楽天モバイルのみの契約となりました。

料金について

SIMカードの契約プランと実際の請求明細額

使用しているiPhoneとSIMカード
使用しているiPhoneとSIMカード

楽天モバイルで契約した時の内容が次の通りです。

・ 通話SIM3.1GBプラン

楽天モバイルには通話SIM(今まで使っていた電話番号をそのまま引き継いで使用できる)、SMSありデータSIM(ショートメッセージが使用できるが、今までの電話番号は引き継げない)、SMSなしデータSIM(ネットやアプリだけの使用)の3種類があります。私は番号はそのまま引き継ぎたかったので、通話SIMを契約しました。

データ通信量に関してはいまいち自分に合ったプランが分からなかったので、楽天モバイルの店員さんに一番標準的なプランを聞いたときにおすすめされた3.1GBプランにしました。
正直、月末になると通信量が足りなくなって通信速度がとっても遅くなってしまうのですが、楽天モバイルのアプリで常に今月の通信量の残量が見れるので、こまめにチェックして抑制するようにしています。
また、3日間あたりの通信量の上限は540MBなのでそれ以上使用すると通信制限がかかります。実際これも結構制限にひっかかっていますが、安いから仕方がないと思いながら乗り越えています。どうしても通信速度が欲しいときは、日頃は自宅に待機中のWIMAXを持ち歩いて楽天モバイルでのネット速度を確保するようにしています。

楽天モバイルアプリのデータ通信量メータ

SNS程度の利用であれば、「高速データ通信」をOFFにしていてもほとんど不便無く使え、データ量の節約になります。余ったデータ量は翌月に繰り越せるので、地道に貯めていきたいものなのですが、それなりに使い切ってしまうのが現状です。契約後のプラン変更も可能なので、まずは使ってみてから自分に合ったプランを選ぶのがいいと思います。

・ オプションで楽天メール(0円)、留守番電話サービス(300円/月)

留守番電話サービスはソフトバンクでは当たり前のように使用していたので必要かと思って契約したのですが、あまり利用しないことに気付き数ヶ月経って解除しました。
オプション解除もメンバーズステーションという会員専用ページで簡単に申し込み、解除ができます。大手三社の場合、余計なオプションを最初からつけられることが多いと思います。
1ヶ月無料ですという誘い文句に乗せられて、いろんなオプションをつけられて解除するのを忘れていた、なんてことは私も経験があります。ただ、楽天モバイルの場合そのようなことはなく強要されなかったので、自分がほしいものだけ追加し、自由に追加や解除できることは魅力的に思っています。

・電話代は楽天でんわアプリ(基本料金0円)
楽天でんわ

電話代に関しては、楽天でんわというアプリで電話をかけているので、楽天モバイルとは別の請求がきます。
と、いっても通話した分だけの請求なので、ほとんど電話をしない私は月々100円程度の請求で納まっています。
ソフトバンクのときはWホワイトに加入していたので、基本料金が毎月934円必ずかかっていました。あまり電話をしない私にとっては、楽天モバイルのこの電話のシステムはとても有り難いものだと今とても実感しています。
こんなに電話していなかったかな、と思うくらい毎月安いのですが、特に通話のつながりやすさなど不便なく使えています。

過去9ヶ月分の楽天モバイルの請求(楽天でんわ、端末代除く)

上記の内容で、初月のみ3000円の事務手数料がかかりますが月額基本料は0円。その後は基本的に3.1GBプランの基本料金の1,600円+オプション+通話代で2,000円/月前後の請求となっています。これにはソフトバンク時代に比べて大変満足しています。

端末代(iPhone SIMフリー版)の請求額
使用しているiPhone6S SIMフリー版

新しく格安SIMをiPhoneで使いたいという場合は、SIMフリー版のiPhoneを入手する必要があります。
私は16GBのSIMフリーiPhoneを購入し、86,800円でした。(今では最低でも32GBしかなく、価格も安くなっているようです。)

Appleでは分割払いの金利0%キャンペーンをやっていて、当時24回払いが金利0%だったので現在は毎月4,000円の端末代が請求されています。それでも格安SIMの料金と足しても6,000円/月前後の請求なので、ソフトバンクのiPhoneの頃に比べると4,000円前後の節約になっています。
端末代が払い終われば、月々の請求が格安SIM代だけの2,000円程度になるのでとても待ち遠しいです。
これを知ってしまうと大手三社の契約解除料もすぐに回収できるので、迷っている方は早めに格安SIMに乗り換えることをおすすめします。

格安SIMの注意点

注意点としては、大きく2つあると思っています。

1つ目は、携帯番号は継続できる反面、今までのキャリアメールが使えなくなります。
キャリアメールをSNSなどのログイン時に使用している場合は、格安SIMに変える前に変更するようにしましょう。
私は基本的にgmailを使用していたのでキャリアメールがなくなること自体には特に不自由なかったのですが、いくつかログインできないSNSがあり困っています…。
楽天モバイルでは楽天メールというフリーメールアドレスを取得できるので,新しくサブ用に使っています。

2つ目は、LINEがID検索できなくなり、QRコードの読み取り又はふるふるでの追加しかできなくなっています。既にLINEに友だち登録されていれば継続して使用できるのですが、新しく友だち追加したい場合に手こずってしまいます。
私は今のところQRコードを読み取る方法で解決できていますので、ID検索以外の友だち追加の仕方をマスターすれば、そこまで大きな問題ではないかもしれません。

これまで使用しての総合評価

総合的には金額面で大きく改善されたので大変満足しています。
月々の携帯料金が安くなっただけでなく、楽天ポイントが貯まるようになったことも大きな変化です。楽天モバイルを契約することを機にほとんどの生活固定費の請求を楽天カードからの請求に変更しました。通話SIMなら楽天市場でのお買い物のポイントが常に2倍貯まり、貯まった楽天ポイントは楽天モバイルの月々の支払いにも使えるのです。そうすると毎月まとまった額のポイントが貯まるので、気付いたらたっぷりポイントが貯まっていて、楽天市場でのお買い物に有効的に使っています。

使い心地に関しては、動画があまりスムーズに見れないのと、通信量の3日間制限がもう少し緩くなってもらえると嬉しいですが、WIMAXを持ち歩くなどして臨機応変に使いこなしていきたいと思っています。
どんどんいろんな会社から格安SIMが出てきているので気持ちが揺らぐ時もありますが、楽天モバイルなら1年間以上の契約を継続すれば、契約解除料が無料で解約できます。その気楽さも魅力の一つですが、今のところは解約するつもりはなく楽天モバイルを愛用していきたいと思っています。

※個人の感想です。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。