格安SIMを利用しようと思った経緯

AQUOS SERIE SHL25

スマートフォンが普及し始めてからずっとandroid。1回位はiPhone使ってみたい。
でもandroidでしかない今まで使っていたアプリもあるし。
キャリアだったら2台持ちだと相当お金がかかってしまうな…
と考えての格安SIMとなりました。

また、私の家は山の奥深―くにあり、スマートフォンの電波すらギリギリ届くような所になっています。
ですのでまずは「電波が届くSIMである事」が大前提でした。
なるべくならキャリアがauのため、au回線での格安SIMを探し始めたのですが…

格安SIMでまず検索して思った事はDoCoMo回線が多い事。
とりあえず大手のOCNやBIGLOBEなどは基本DoCoMo。

私の家ではDoCoMoだとたまに電波が入らない場所があるためにこれは諦めるしかないか?
と思っていた矢先、au回線の検索に唯一引っ掛かったのがmineoでした。

2015年8月当時はインターネットで色々検索をしましたがその他のau回線での格安SIMは引っ掛からなかったので私の場合はmineo一択でしたね。
Amazonでmineoのコードを購入し格安SIMを導入した結果、私のスマートフォンは

  • メイン持ち キャリアauのiPhone
  • サブ持ち 格安SIM、mineoのAQUOS SERIE SHL25

となりました。

実際に使ってみてどうだったか

mineoの設定もmineoの公式ホームページにしっかり書いてあり、女性の私でもそこまで苦労はせず設定できたと思います。(一番の苦労はSIMをAQUOS SERIE SHL25に差し込む所だったかもしれません…SIMが小さいためにスロットにはめ込む前に何回か落としましたしね)
mineoのSIMはau回線のお陰で家の中で使用するのは全く問題なし。ちゃんとau回線が使える所であればキャリアと変わらず使用することが出来ました。

AQUOS SERIE SHL25もメインで使っているiPhoneと比べるとサクサク動く感じではありませんでしたがディスプレイも大きく、発色が綺麗。更に大きさの割にはとても軽いです。

左右にセンサーが付いているので握っただけで画面が点灯するので時間の確認も楽でいい感じ。
mineoオリジナルのロゴも入っていてあまり人と被る事もないので自分のスマートフォンだという事が判り易くて良かったなと感じました。
今現在はkindleやゲームを入れ、メイン持ちのiPhoneの容量が重くならないようにしつつ使用をしています。

mineoの便利なアプリ

mineo公式から「入れた方が便利」という事で私のAQUOS SERIE SHL25には、アプリ「mineoスイッチ」が入っています。

これを使う事で通信速度が自分で制限することが出来るため、無駄遣いが防止できるというものです。
制限といっても全く使えなくなる訳ではなく低速度(200kbps)になる代わりにデータ容量が減らない!という仕組みになっています。

ですから時間がある人や辛坊強い人はスイッチ入れっぱなしで使用すれば一番安い756円(税込・500MBデータ通信のみ)で済むかもしれませんね。
低速度でもテキストサイト閲覧やメール、LINEは余裕で使えましたよ!
img_1691

あとパッと見でどれだけデータ容量を使ったか、あとどれくらい残っているのかを目視出来るところはとてもいいと思います。更新も1日ずつではなく開いた瞬間なので「今動画色々見たけどデータ容量いくら使った?!」という時もすぐに確認できるので有り難いですね。

mineoとAQUOS SERIE SHL25、気になる月額料は?

私の場合、通話は使ってもLINEがほとんどで使うとしてもメインのiPhoneでなので通話付きのデュアルタイプでなくても大丈夫。使うとしたらアプリとネットサーフィンが主・たまにテザリングを使うかなという使用傾向であったのでデータ容量は3GBで972円。あとはAQUOS SERIE SHL25の代金は54,000円ほどで、24回分割払いにしたため月々の支払額は2,268円。
合計で月々3240円でした!

ちなみにキャリアauのiPhoneなのですが、iPhone本体代金が月々4,045円と最高7GBのデータ通信料含めた月々の支払額は5,572円。全て合計で9,617円でした。

mineoだと10GBで通話付きで3,380円とAQUOS SERIE SHL25代金合わせて合計5,648円な訳で…月々だけで4,000円近く違う訳ですね。
次機種変する時はどっちもmineoで検討しようかな…

mineoとAQUOS SERIE SHL25、ここがイヤ!

・mineo

地下鉄など少しでも電波が悪くなった時は一気に動きが悪くなる。その後の電波の復活も遅い。
たまに復活しない時があるので再起動することもある事。
mineoの電波復活はここがうまくすぐ繋がってくれれば次の機種変で絶対変えよう!と思えるのでかなり惜しいです。たまに上京する時など頻繁に乗換アプリやマップアプリを使うので地下鉄で電波の復活が遅いとかなり時間のロスになるので困ることがあるのですよね。

・AQUOS SERIE SHL25

androidの動きのもっさり感がやっぱりある事。
音量ボタンがディスプレイの右下にある。しかもタッチパネルのために押した感がなくよく手が当たったり指で持った場所がディスプレイの右下で音量が大きくなったり小さくなったりする事がよくある。
AQUOS SERIE SHL25は動画を見ている時にうっかり右下で支えてしまって一気に最大音量まで上がったことがあります。あれはびっくりした。

この位ですかね。
安いというのがあるので「まあこんなもんか」と思える部分もありますけれどもmineoは今後を期待しています本当に!

最後に

格安SIMのmineoとスマートフォンAQUOS SERIE SHL25を使って思った事は「意外としっかり使える!」という事でした。
だから「もう少しこうしてくれたらな」と欲張ってしまうのかもしれませんね。
またmineoは、発展途上な分マイネ王(mineo使用者の交流の場)やフリータンク(会員たちでデータ通信量を譲ったり貰ったりする事が出来る)など独特な面白い企画をやっているのでただSIMとして使うだけではなく、それらを利用していくのも楽しみの一つだと思いますよ。

※個人の感想です。