メーカー 画面サイズ カメラ性能 メモリ(RAM)・ストレージ 提供MVNO
HUAWEI 5.2インチ ・背面
1200画素
・フロント
800万画素
3GB・16GB 楽天モバイル

高性能CPU『Kirin655』や大容量バッテリー

HUAWEI nova liteはHuawei Kirin655 オクタコアを搭載しています。
Huawei Kirin655 オクタコアは、HUAWEIが2016年に発売したHUAWEI P9 liteに搭載されていた、Kirin650の上位互換版となっています。

■HUAWEI P9 lite

HUAWEI P9 liteよりもHUAWEI nova liteの方がスペックが高く、快適にスマホ操作が行なえます。
さらに、省エネも両立させているため、ゲームやアプリなどを快適に長時間楽しめるのが特徴です。

ただ、高性能のCPUを搭載していれば、省エネモードがあっても多少電池の消費が加速する可能性は十分あります。
この点に関しては、HUAWEI nova liteでは3,000mAhもの大容量バッテリーを搭載することでカバーしています。

3,000mAhの容量がどれだけ大きいのかというと、バッテリーの容量の平均が2,000mAhなので、一般的なスマホよりも長時間充電無しで使用できます。

同シリーズの上位互換製品であるHUAWEI novaと比べると急速充電がない分、多少バッテリーの性能は劣りますが、あ一般的なスマホと比較すると十分過ぎるほど大容量で性能も満足できるバッテリーです。

最新EMUIを搭載

もう1点注目なのが、最新のEMUI5.0の存在です。
これまでのEMUI 4.1からEMUI5.0に変わったことでUIデザインに変化が見えます。

EMUI5.0になったことでホーム画面でドロワー機能が選択できるようになりました。ドロワー機能によって任意のアプリをホーム画面に設置できるようになり、基本使わないアプリは隠しておくことが可能になりました。

これまでのEMUI 4.1までは、iPhoneのようにダウンロードしたアプリは全てホーム画面に整列するようになっていたので大きな進化といえるでしょう。

さらに、EMUI5.0はこれまでのEMUI 4.1と比較すると文字入力シーンなど細かい部分が非常にズムーズな点も特徴です。文字入力などで反応が遅いとストレスに感じる場合も少なくないので、ストレスなくスマホを操作できるようになるのは嬉しい変化ですね。

この他にもEMUI 5.0に変わったことで、画面分割機能が使えるようになりました、
アプリを使用している際に画面下から設定などさまざまなアプリを呼び出すことができるようになりました。

これまでは、わざわざ切り替えなければいけないなど少し手間あったのに対し、非常に便利な機能といえます。さらに、画面分割機能に対応しているアプリも格段に増えており、画面分割機能の利便性が向上しています。

4K非対応だが十分高性能なカメラ

HUAWEI nova liteの背面カメラは表にもあるように1200万画素となっています。
1.25μmピクセルの大型イメージセンサーも搭載しているので、暗い場所でも明るく鮮明な写真撮影が行えるのが特徴です。

さらに、画素数に関してはiPhone7と同様となっています。
iPhone7の値段が90,000円なことを考えると、16,000円という低価格でありながら、iPhone7と同等の画素数の写真が撮影できるのはお得といえます。
フロントカメラに至っては800万画素とiPhone7と比べ100万画素も上です。

カメラの性能はHUAWEI novaと比較すると、4Kに非対応であったり遊び心のあるモードが少ないなど劣っている部分はありますが、約16,000円という低価格でiPhone7以上の写真や動画撮影ができるのは素晴らしいです。

HUAWEI novaより大きいフォルム

HUAWEI nova liteはHUAWEI novaと比べると少し大きい機種となっています。
HUAWEI novaの場合ディスプレイの大きさが5.0インチだったのに対して、HUAWEI nova liteは5.2インチ。たった0.2インチの差ですが、スマホだと0.2インチ変わるだけでディスプレイの見やすさなどが大きく変化します。

大画面になりスマホ自体の大きさも変わったことで気になるのが、持ちやすさです。フォルムが大きくなると手が小さいと持ちづらくなるので、スマホを落としやすくなってしまいます。
そこでHUAWEI nova liteでは2.5D曲面ガラスを使用し、手に優しくフィットするグリップ感を実現させました。

非常に計算されたフォルムやHUAWEI novaよりも大きく見やすいディスプレイ、高性能な機能の数々などを搭載しながら約16,000円という低価格を実現しています。

 

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。