メーカー 画面サイズ カメラ性能 メモリ(RAM)・ストレージ 提供MVNO
京セラ 5.0インチ ・背面
500万画素
・フロント
200万画素
メモリ(RAM)
1GB
ストレージ
8GB(ユーザー領域:約5GB)
Y!mobile

シンプルなデザインでサイズ感が良い

京セラで開発された「DIGNO C」は、2015年2月からY!mobileで販売されている格安スマホです。
今回はDIGNO Cのついてご紹介します。

DIGNO Cは5インチで大画面でありながら、片手でもフィットするサイズ感がちょうど良いと人気です。
ラウンドフォルムとなっているので、手の持った時も持ちやすいことも特徴です。
カラーはとてもシンプルで、グロスブラックとホワイトの2色になります。
マット感が強い光沢感なので、強い光沢が苦手な方にも嬉しいデザインです。
また、ホームには標準ホームと初心者向けのエントリーホームがあります。

どちらも見やすいデザインですが、エントリーホームはよく利用するアプリなどのショートカットキーの設定や、アプリ一覧はガラケーのように9分割表示なので初心者の利用も安心です。

衝撃や雨、汚れに強い

DIGNO Cの最大の強みは、格安スマホの中でも高い耐久性と防水性、防塵性にあります。
アメリカの国防総省で定められている調達基準「MIL規格」の耐落下衝撃規格を満たした設計なので、ついスマホを落としてしまっても画面が割れることはありません。
その秘密は画面に強化ガラスがほどこさら、さらにディスプレイを衝撃から守るフチ、フレーム構造も衝撃に耐える設計となっているのです。
そして、防水と防塵機能もあるので、突然の雨や水回りでの操作から、レジャーなどを楽しむ際にも砂や埃などを防ぎます。
万が一に汚れてしまっても、その部分を水洗いで綺麗にすることが可能です。

様々なカメラ機能が搭載されている

DIGNO Cのメインカメラは500万画素、フロントカメラは200万画素です。
ハイスペックのような高画質とまではいきませんが、様々なカメラ機能が搭載されていることが強みになっています。

まず、手ぶれ補があるので、写真も動画も歩きながらでも揺れが少ない映像が撮ることが可能です。

そして解像度はフルHDに対応しているので、テレビ画面など大画面でビューしても綺麗に表示することができます。
HDRにも対応しているので屋外など明暗の差がある場所でも高画質で写真を撮ることが可能です。
設定不要のおまかせ撮影がある他、撮影した写真を自動調整で綺麗に表示するのも魅力的な機能になります。

DIGNO Cの4GはAXGPとLTEと2つのエリアから繋がるので、幅広いエリアで安定した通信を行うことが可能です。
価格やスペックから、初めてスマホデビューする方も、十分に満足できる機能が搭載されています。
充電の持ちも良いので、長時間利用したい方にもおすすめです。