メーカー 画面サイズ カメラ性能 メモリ(RAM)・ストレージ 提供MVNO
SHARP 5.3インチ ・背面
1640万画素
・フロント
800万画素
3GB・32GB Y!mobile

スマホがお財布代わりに

現在、世界的にお金を持ち歩かず、キャッシュカードや電子マネーなどで決済する、キャッシュレスが流行り始めています。
そんな流れに合わせてスマホでも徐々に電子決済が搭載されたものも増加。

Android ONE X1ではAndroid ONEで初めてFeliCaに対応しています。

FeliCaとは決済時に専用に機械にスマホをかざすだけで決済が完了してしまう電子決済方法です。この機能があることでわざわざお財布を持ち歩かなくても、スマホ1つでお買い物ができてしまいます。

これまでの支払い方法に煩わしさを感じている方にはぜひ使って欲しい機能です。

4日超えの長時間バッテリーを搭載

Android ONE X1には3900mAhもある大容量バッテリーを搭載。
iPhone7のバッテリー容量は1910mAhなので、いかに大容量なのかよくわかりますね。

これだけ大容量のバッテリーを使用しているため、4日以上もの電池持ちを実現しています。

長時間、Android ONE X1の便利な機能を使い倒すことができるので、「スマホは長持ちするのがいい!」という方にはおすすめです。

ハイブリットAF搭載のメインカメラ

今はSNS全盛期。いい写真を取ってTwitterやインスタグラムに投稿したい方は多いのではないでしょうか。それならカメラの性能にも全く妥協はできないですね。

Android ONE X1は高性能なカメラを搭載。
背面カメラの画素数は1640万画素となっており、iPhone7の画素数が1200万画素なのと比較しても性能が高いのは明らかです。

iPhone7以上の繊細でハッキリとした写真を撮影できるのはいいですね。

カメラの魅力はこれだけではありません。

位相差オートフォーカス呂コントラストオートフォーカスを組み合わせたハイブリットAF(オートフォーカス)を搭載しており、動き回る被写体にはバッチリフォーカスを合わせ、キレイに撮影することが可能。

そして、フロントカメラの性能も非常に高いです。
画素数が800万画素あり、広角レンズも搭載。

広い範囲を収め、美しいセルフィーを撮影することができます。スマホにはカメラのクオリティーも求めたいと考えているのなら十分満足できる仕様だと思います。

5.3インチフルHDのIGZO液晶を採用

せっかく撮影した美しい写真も、画面で表現できなければ美しさを楽しむことはできません。
Android ONE X1は液晶のクオリティーにもこだわっています。

液晶には5.3インチフルHDを使用し、自然な色合いの美しい描画を実現。

撮影した写真をそのままのクオリティーで見られるだけではなく、動画などにもしっかり対応しスマホで思い出を見返すのが楽しくなりますよ!

さらに、この液晶はIGZO液晶でもあるので、低消費電力化を叶えバッテリーを節約してくれる優れものです。

指紋認証で効率的なロック解除を実現

さらに指紋認証によるロック解除機能を搭載。

電源キーを押してスリープモードを解除しなくても、指紋センサーに押し当てるだけで、ロック解除が可能。指紋1つで面倒な作業をいくつもすっ飛ばしてすぐにスマホ操作が行えるのは魅力的ですね。

ここまでの機能を詰め込み、価格は70,000円ほどとなっています。

機能の他に最新のAndroidが使えるなどメリットも多いので十分妥当な値段だと思います。
性能の良いスマホを使いたいという方にはおすすめの機種です。