IP電話アプリの仕組みとは

最近の携帯電話各社の通信プランは、快適な通信速度で利用出来るように、LTEに対応した商品を多く販売しています。
ですが、通信速度が速く快適であるには、料金も高くなってしまい、負担が多くなっています。
さらに通話料金も、スマホでは従来のガラケーの時に比べて、金額も上がっており、頻繁に電話をかける場合には負担が増えていく一方です。

そんな時に、IP電話アプリを利用することで、格安料金で電話が出来るようになります。
なぜ、アプリの利用で電話が安くなるのかというと、音声をデータ化することで、インターネット回線を経由してやりとりを行うようになっていますが、通話料金が無料であったり、料金が格安になる代わりにパケット使用料が発生します。

ですが、パケット定額プランなどに加入していると、データ通信費となるので、通話料金がかからずに、料金を下げることができます
ですが、条件があり、電話で話す相手にも同じアプリのダウンロードが必要となり、これによって、通信キャリアが違っていても、いつでも通話ができるようになっています。

メリットやデメリットはあるの?

メリットとしては、格安スマホとIP電話アプリの利用によって、毎月の料金が安く抑えられます。
特に格安SIMに、格安スマホの組み合わせで、機種代金も安くなるので、通信費としてかかってくる費用の節約に繋がってきます。
大手携帯電話キャリアの場合、毎月の通信費が5000円以上となっている場合がほとんどになりますが、格安SIMでは1500円から2000円以内に抑えられるのがほとんどになります。
さらにスマホの通話料金は高くなっているので、IP電話アプリにすることで通話料金がかかることなく、通話もし放題になっています。
番号も、MNPで使えば変わることがなく、通話SIMであれば090の番号が使えます。
さらにIP電話では050の番号となるので、2つの番号によって使い分けもできるので、仕事とプライベートで変化を持たせることもできます。

デメリットとしては、無料通話アプリをかける相手もダウンロードしなければかけることが出来なくなっていたり、データ化してのやりとりになるので、通話に遅れが生じてきたり、通話状態も安定していないので、聞き取りにくかったり、話している途中で切れてしまう場合もあります。

他にも通話アプリの種類によりますが、登録者2人まで無料などの、決まりがある場合もあります。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。