格安スマホと格安SIMの違いは何?

毎月の利用料金が安くなることで、現在注目を浴びているのが格安スマホや格安SIMです。
どちらの言葉も最近では良く聞いたり見たりする機会が多いと思いますが、違いや仕組みを理解していないことも多いでしょう。

まず、格安SIMの「SIM」というのは、小さなカード状になっている部品です。
実は、普段使用しているスマートフォンは、このSIMカードを本体に使用することで使用できる仕組みとなっています。
つまり、格安スマホと格安SIMの違いは、スマートフォンと一緒にSIMカードを契約するか、SIMカードのみを契約するかという違いがあるのです。

格安スマホのメリットとデメリット

格安スマホを契約するメリットには、通信規格に対応しているスマートフォンとSIMカードが同時に入手できることが大きなメリットです。
特にスマホの扱いなどに慣れていない方であれば、スマホも一緒に購入できれば手間が掛かりません。
しかも、キャリアスマホでは5万以上と高額ですが、格安スマホなら約3万前後で購入することもできます。

また、格安スマホの契約はネットでも気軽に契約することが可能ですが、店舗を構えている業者も多いです。
なので、実際に触れてみてお好みのスマホを買うことも可能になります。

しかし、デメリットとしては、選べるスマートフォンに限りがあることです。
ラインナップは少ないので、なかなか好みのものがないとなると、選ぶのに時間が掛かってしまうことも多いでしょう。
しかし、中には店舗よりネットでの購入の方が種類が豊富の場合もあるので、ネット契約も上手に活用して契約するのがおすすめです。

格安SIMのメリットとデメリット

格安SIMのメリットは、自分好みのスマートフォンを使うことができるところです。
キャリアで購入した過去のスマートフォンであっても、通信規格などが対応していればSIMカードを挿入して使うことが可能できます。
また、複数の端末を所持している場合は、SIMを差し替えて使うこともできるのです。
SIMカードのみであれば、以前使っていたスマホをそのまま使えるので改めて操作を覚える手間もなく、本体購入の負担を減らすことができます。
しかし、デメリットとしては自分でカードを挿入しなくてはならないことです。
一度できてしまえば簡単ですが、初めてSIMカードを挿入する場合には良く分からないと思う方も多いでしょう。
ですが、業者の中には挿入方法の説明書を同封しているので、手順どおりに行えば初めての人でも安心です。
もし分からない場合は、格安SIM事業者のサポートセンターへ連絡や、店舗に訪れて対応してもらいましょう。