大人気アプリ・ポケモンGOは格安スマホでもプレイ可能

リリース当時から爆発的人気を得ているスマートフォンアプリが「ポケモンGO」です。
ゲームに登場するモンスターが現実世界に出現したような感覚でゲットや、バトルができるシステムとなっています。
GPSと連動しており、歩数によってタマゴが孵化する機能も搭載されており、運動を兼ねて始める人も多いそうです。

ポケモンGOを使用するには、androidが4.4以上でRAM2GB、iPhoneであれば5以上のスマホで遊ぶことができます。
なので、キャリアスマホに限らず、格安スマホや格安SIMでも十分遊ぶことが可能です。
しかし、ポケモンをこの世界に出すにはARモードという機能が必須です。
そのARモードを動かすのが、ジャイロセンサーです。
最近のスマホ機種ではジャイロセンサーが搭載されていますが、格安スマホの中には搭載されていない端末もあり、アプリを遊ぶことができても機能をフルに使えないのが欠点といえます。
また、使用する格安スマホのCPUによっても動作に不備が生じるので注意は必要です。

格安スマホでポケモンGOをするとお得

格安スマホの多くのプランでは月の高速通信容量に上限がある設定となっています。
そうなると、ゲームをしているうちに、すぐ上限を突破してしまうのではないかと思う方も多いでしょう。
実は、ポケモンGOの時間あたりでのデータ量はそこまで大きくありません。
なので、1日1時間程度プレイする方であれば、1時間で使う容量が約10MBほどなので、毎日続けると合計300MBとなります。
アプリでは定期的にアップデートもあるので、適度にアプリを楽しむ方であれば月500MBほどになるでしょう。
格安スマホでは最高10GBのプランもあるので、ポケモンGOも格安スマホで気軽に遊びながら、利用料金も抑えることが可能です。

各事業ではキャンペーンやサービスを導入

ポケモンGOの配信に合わせ、格安スマホ事業者では様々なキャンペーンなどを実施しています。
まず、b-mobileでは、ポケモンGO専門のゲームSIMを発売しました。
これをスマホに挿入することで、LTEデータ通信が30日間、または1GBまで使うことができます。
また、利用終了後10日以内であれば、チャージすることで継続利用も可能です。

DTI SIMでは、1年間ポケモンGOの通信量がカウントされないプランも登場しています。

そして、Y!mobileの店舗はアイテムがゲットできる「ポケスポット」や対戦ができる「ジム」となっており、今後はコラボキャンペーンやサービスを導入も検討されており、注目を浴びそうです。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。