参考:https://www.leqmobile.jp/

レキオスモバイルは事業内でも高速通信が格安

2015年10月から沖縄発の格安スマホ事業者にレキオスモバイルが参入しました。
レキオスモバイルは、元々ドコモ系MVNOとして開業し、集合住宅向けにインターネットの接続サービスを提供してきた企業が母体となってます。
レキオスモバイルのメリットとしては、月額料金が事業内でも最安クラスであることです。
月々1GBあたり約1000円と設定しているプランは多いですが、データ通信では常時低速モードの場合と条件が設けられていることがあります。
しかし、レキオスモバイルでは高速通信で月々1GBで掛かる月額料金を明白にしているので、コストパフォーマンスでは他社と比べても良い点であると言えるでしょう。
プランも1GBから5GBの5段階となっているので、ニーズに合わせて最適なプランを選ぶことができます。
月々に利用する高速通信の容量は多いのであれば、使い放題の定額制プランを選択することも可能です。

レキオスモバイルはどこで契約と支払いについて

レキオスモバイルでは店舗契約をすることが可能です。
格安スマホではインターネットでの加入で、実店舗があるところが少なく、対応もネットや電話が基本になります。

しかし、レキオスモバイルは沖縄に店舗があるので、対面で対応が受けられる安心感があるのです。
また、格安スマホの料金支払いでは口座振替が少ないのですが、レキオスモバイルは口座振替に対応しています。
ただし、口座振替に対応しているの沖縄在住者のみに限られてしまい、本土在住者はクレジットカードが必要です。
業界でも格安料金のレキオスモバイルですが、沖縄在住者に有利な格安スマホであることも知る必要があると言えます。

解約手数料の注意点

格安スマホ業者では、通話付きプランの場合は半年や1年など、最低利用期間が設定されています。
極端に契約期間が少ない場合は解約手数料が掛かり、その金額は業者によって異なるのです。
レキオスモバイルでももちろん解約手数料があり、半年以内の解約で発生します。

一般的にはデータ通信のみだと最低利用期間に設定がないのですが、レキオスモバイルではデータ通信のみのプランも対象です。
なので、試しに契約して使ってみたいという方には、少々デメリットの部分があります。

また、現在は地域に密着した格安スマホ業者となっているので、本土での契約だとサポート面に不安を感じてしまうこともあります。
しかし、沖縄でももっと普及が拡大すれば、今後本土でもレキオスモバイルの格安スマホがより発展していくと言えるでしょう。