通信料を削減する為、格安スマホの変更を考えているけど、キャリアメールが使えなくなるのは嫌だ・・・それが原因で、格安スマホへの変更を躊躇している人も多いです。
下記では、どのようにすれば今までと同じ状態で利用できるのかを紹介します。

格安スマホにしたらフリーメールが必須?

実際のところ、格安スマホにするとフリーメールへ移行することになります。
フリーメールは、gmailやyahooメールなどのことを言います。
格安スマホにすることで、メールアドレスがなくなってしまうわけですので、フリーメールを代用することになります。

キャリアメールとフリーメールで圧倒的に異なっている点は、セキュリティの問題です。
キャリアメールは、基本的に複数のアドレスを作ることができなかったり、迷惑メールやセキュリティに関してきちんとされているので、安心して利用できます。
一方、フリーメールの場合は量産することができるので迷惑メールの標的になったりします。
そうなってしまうと、重要なメールが迷惑メールで埋もれてしまう可能性があり、ビジネスでメール機能を使っているとミスを引き起こすことになります。

フリーメールを併用していると便利

通常の契約の場合、キャリアメールにどうしても頼ってしまいます。

万が一何かあった時の事を考え、フリーメールを併用することでキャリアメールが使えなくなっても安心できます。
フリーメールを最初から併用することで、他の人にキャリアメールのアドレスと、フリーメールアドレス両方伝えることができるので、格安スマホに切り替えてもメールアドレスを再度教える手間を省くことができます。

ただ、メインで使うのではなくあくまでもメールを保管しておくと言った目的で利用した方が、より安心して活用していくことができます

プロバイダを活用する

プロバイダを契約すると、メールアドレスが必ず1個は無料で利用することができます。
このメールアドレスは、プロバイダによって@マーク以降違いますが、キャリアメールとして利用することができます。
フリーメールアドレスは不安・・・という場合には、利用しているプロバイダの会社に問い合わせをして、メールアドレスの設定や、利用などを聞いてみるといいでしょう。

プロバイダが提供しているメールアドレスは、各会社でセキュリティやスパムの対策をしているので、フリーメールよりは安心して利用することができます

上手に使い分けをすることで、格安スマホでもキャリアメールを活用していくことができます。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。