海外でも格安スマホが使える方法

格安スマホは大手キャリアの月額料金より安い料金設定であるため、以前より通信料を節約できる事から利用者は増加傾向にあります。
そんな格安スマホは、海外へ出張や旅行へ行った場合にでも使えるのでしょうか。
実は国内に限らず海外でも格安スマホを使う事ができるのです。
その方法は「国際ローミング対応SIMカード」と「現地のプリペイド式SIMカード」をスマホにセットする事で利用できます。

国際ローミング対応SIMカードについて

国際ローミングとは国外の地域の通信事業者の設備が利用できるサービスです。
この国際ローミング対応SIMカードは、楽天モバイルやDMM mobileなどの格安SIMが提供しています。
しかし、全ての機種が国際ローミングに対応しているわけではないので、国際ローミングに対応している機種を選ぶ必要があるので注意しましょう。

プリペイド式SIMカードについて

最近では旅行者向けに海外でもプリペイド式SIMカードを販売する国が増えています。
現地で購入したプリペイド式SIMカードをセットすれば、海外でもスマホを利用できるようになるのです。
国際ローミングに対応していないSIMブランドや機種であっても、多くの格安スマホで利用できるメリットがあります。

国内とは利用が異なってしまう注意点

国際ローミングやプリペイド式SIMを利用したからと言って、海外では利用が制限されてしまいます。
まず、格安スマホでの国際ローミングでは音声通話のみの対応なので、データ通信を使う事ができません。
データ通信を利用する場合は、公共のWi-Fiなどを利用する必要があります。
また、国際ローミングでは行った先の回線を利用する事になるので、通話料などが現地の価格に設定されてしまうのです。
つまり、使う地域によって金額が異なり、場合によっては国内よりも高くなってしまう事があります
これは現地のプリペイド式SIMカードでも、同様の料金体系が適用されるの注意しましょう。

電話を受けた側も料金が発生してしまう

国際ローミングでは、電話を受けた側も着信料金が発生してしまいます。
他にも、SMS送信料金も高めなので、利用の際は注意が必要です。
その点を回避したいのであれば、国際ローミング対応のSIMカードよりも、現地のプリペイド式SIMカードの方が利便性があるかもしれません。
しかし、プリペイド式SIMカードは訪れる国や通信事業によって料金が異なり、さらに対応している端末も異なります。
ですから、プリペイド式SIMカードを利用する場合は情報を集めてく事も大切です。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。