格安スマホは都心部だと不便に感じることも・・・

都心部で格安スマホを利用している方には感じることが多いかと思いますが、格安SIMの利用が増えてきたためか、回線の混雑がひどく通信速度がかなり遅くなっていることがあります。
1日中そんな調子というわけではないのですが、お昼時になると昼休憩で使う人が多くなるためか、なぜかお昼時が一番混雑してしまうようです。
そのため都心部で格安スマホを利用している方だと格安スマホはやはり通信速度が遅いものだという考えになってしまうのだと考えられます。
ですが、地方都市であれば格安スマホを都心部よりも有効利用することができるのです。

地方都市で格安スマホが有効的に利用できる理由

都心部とは違って地方都市の方が格安スマホを有効的に利用できる理由として挙げられるのは、やはり帯域が混雑していないという点です。
帯域というのは電波が通る道のようなもので、車は道が混んで渋滞してしまうと速度もゆっくりになってしまいますが、電波も同じように帯域で詰まってしまうと通信速度もゆっくりになってしまいます。
そのため利用者が増えれば増えるほど、その近辺の帯域には電波が渋滞してしまい、通信速度が落ちてしまうのです。都心部などの人が溢れているエリアでは格安スマホの帯域は渋滞になりやすい環境でもあります。

その点、地方都市では格安スマホの帯域が渋滞してしまうようなことはほとんどありません。
地方都市では都心部で混雑する昼時であってもほとんど混雑することなく、快適な格安スマホの利用ができます。

圏外の心配は?

地方だと通信エリアがあまり届いておらず、圏外になることが多いのではないかと思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、地方でも格安スマホが圏外になることはほとんどないと言っても過言ではありません。
その理由はMVNOの回線はdocomoやauなどの大手キャリア回線を利用しているためです。
大手キャリア回線を利用することによって通信エリアをdocomoやauと同じ広さで使えてしかもお得に利用できるというメリットがあります。

特にMVNOの多くは回線の安定性に優れているdocomo回線を利用しているところが多いので、地方であっても格安スマホの使用は安心と言えるでしょう。

上記の点から、格安スマホは地方での利用が特におすすめと言えます。
メリットも多いので地方に住んでいる方はぜひ格安スマホを利用し、お得に通信費を節約しましょう。