音声通話に対応している格安スマホとは、070や080、090の携帯電話番号を持つもののことをいいます。
LINEや050 plusといった通話アプリもありますが、従来の電話が良いという意見も多いようです。
音質も優れていて、緊急通話も出来るのでいざという時にも安心です。
音声通話対応の格安スマホを探したい場合、様々なプランがあるので比較しながら自分に合ったものを探す必要があります。

電話をどのくらいするかを基準にしてプランを選ぶ

格安スマホの一般的な月額料金は1000〜2000円台とかなりお得です。
通常のスマホ料金が7000円くらいだとすると、毎月5000円くらい節約することが出来ます。
しかしここで注意しておきたいのが、格安SIMの月の料金は音声通話の時間によってかなり変化するという事です。
格安SIMで通話する際、料金は30秒で約20円ほどかかります。
1時間かけた場合、通話料金は2400円と一気に上がってしまいます。
そのため、たくさん通話してしまうと通常のスマホと料金が変わらなくなってしまうこともあります。

月にほとんど電話をしないのなら、音声通話プランの格安SIMを申し込むと良いでしょう。
月に2時間以上電話をかける場合、音声通話プランではなく、データ専用の格安SIMカードを申し込んで、電話は別で大手キャリアの国内通話し放題プランに申し込む方がお得です。
しかし、ほとんどの人は電話でLINEなどの無料通話アプリを代用しています。

そうすれば、通話時間は関係ないので、音声通話プランの格安SIMを申し込んでも問題ありません。

利用状況によって音声通話SIMを選ぼう

月1000円台の音声通話SIM
こちらはライトユーザーと一般ユーザー向けの音声通話SIMです。
ほとんどの人は1000円台のものを選んでおり、一般的な使い方であれば、こちらで十分です。
データ量や通信速度などは各社異なるので比較してみましょう。

月2000円以上の音声通話SIM
こちらはヘビーユーザーの方向けです。
スマホをたくさん使う場合や、アプリをたくさんダウンロードしたり、動画を長時間見る人は、月2000円以上の音声通話SIMをおすすめします。
こちらも各社プラン内容が異なりますので、比較してみましょう。

音声通話格安スマホは、電話機能付きで、いざという時に便利で安心です。
自分の利用シーンに合わせてプランを選ぶと良いでしょう。