今乗り換えると損なのか得なのかを調べる

大手通信会社であるdocomoを契約したのはいいが、通信費などが安くなる格安スマホに乗り換えたいという方もいらっしゃるかと思います。
docomoから格安スマホへ乗り換えるためのステップとして、まず行っておくべきことは、今すぐ乗り換えを行うと損してしまうのか、それともお得なのかを調べることです。
どういったことかというと、docomoには2年・3年などの契約期間に縛りが設けられています。
基本料金が安くなる代わりに2年及び3年間は契約を結んでいなくてはいけないといったものです。
これを契約期間中に解約してしまうと解約金としてかなりの手数料を取られてしまいます。

せっかく格安スマホに乗り換えるのであれば、この解約金が発生しないようにしなくてはなりません。
そのため、更新時期を確認しちょうど解約金が発生しない契約更新月に乗り換えるようにすると良いでしょう。
ただ、更新月になるまで1、2年も待たなくてはいけないといった時は早めに格安スマホへ乗り換えた方がお得と言えます。

MNP予約番号の発行などの手続きを行う

乗り換え時期が定まったら、次に転出・転入のための手続きを行う必要があります。
まずはdocomoのショップやインフォメーションセンター、オンライン手続きを利用し、MNPの予約番号を発行してもらいましょう。
MNPとはモバイルナンバーポータビリティの略で、docomoから格安スマホに乗り換えたとしても電話番号を以前使っていたものと同じものを使用できる制度です。
これを行うことで電話番号が変更したことをわざわざ電話帳にいる全員に伝える必要もなくなります。

また、格安スマホでも電話はほとんど使わない、LINEやSkypeなどの無料通話で十分という方はこの手続きを行う必要はありません。
次に転入のための手続きですが、これは格安SIMをネットやお店で購入するだけです。
購入する場合はクレジットカードや本人確認書類、MNP予約番号が必要となるので事前に用意するようにしましょう。

docomoを解約し、格安スマホの設定が終われば乗り換え完了!

手続きを済ませたら、あとはdocomoを解約し格安スマホの設定を終えれば完了となります。
なお、MNPを発行した方の場合、その時点で契約は解除されているので解約手続きをする必要はありません。
しかし、MNPを発行しない方の場合、docomoショップへ出向き解約手続きを行いましょう。
ネットや電話を使っての解約はできないので注意が必要です。