スマホが普及する現在ですが、ガラケーとスマホのどちらにも良さがあります。
どちらかのデメリットを抑えながら、月額料金を安く利用したいのなら格安スマホとガラケーの2台持ちがおすすめです。
では、2台持ちが節約に繋がる理由をご紹介します。

通話用とネット利用に使い分け

まず、格安スマホとガラケーを2台持ちするメリットとして、通話用とネット用に分けることで、最低限の利用料金へ抑えることが可能です。
例えば、格安スマホへの乗り換えでは音声通話に問題があります。
その理由は、最近ではプランやオプションは充実していたとしても、音声通話に関するプランはあまり充実していないのが現状です。
なので、仕事やプライベートでよく音声通話をする人は、実はキャリア契約より高くなっていることもあります。
また、格安スマホではキャリアメールを使えないことが多いです。

最近はLINEなど無料通話アプリなどがありますが、中高年のビジネスマンなどはやはりキャリアメールの方が良いということもあります。

しかし、2台持ちによって通話やメールはかけ放題プランなど割引プランが充実したガラケーで、格安スマホはネット用として音声通信を使用しないデータ通信のみのプランを契約すると節約することが可能です。

2台持ちなら一番最安のプランも選択可能

格安スマホでは月の高速通信に上限があり、その幅は業者によって様々です。
1台で格安スマホを使う場合、通話だけではなくネット閲覧や動画鑑賞などを楽しむ方だと、大きな容量を選ぶ必要があります。
しかし、その容量によって料金は大きくことなるのです。
ですが、2台持ちになれば通話は行わないので、高速通信の使う範囲もネット利用に限られるので、利用に合わせて最安のプランを選択することができます。

たとえ1GBでのプランでも、Wi-Fiが整った環境であればインターネットの無線を活用してデータ量を上限以下に抑えることができるので、最安のプランでも十分にネットを楽しむことが可能なのです。

このように、1台でも格安である格安スマホですが、2台持ちで用途を使い分けることによって節約に繋がります。
また、1台で通話やネットを使うと電池の消耗が悪くなり、電池もちにも影響します。
しかし、分散することで電池の消耗が遅くなるので電池もちも良くなり、さらに、外出先でネットを楽しんでいる時に電話やメールが届いた場合にも、ガラケーで素早く対応することも可能です。
音声通話をよく使う方やキャリアメールを使いたい方は、ぜひ格安スマホとガラケーの2台もちでお得な料金に節約しましょう。

自分にピッタリの格安スマホ会社を知る!
格安スマホへの乗り換えで料金が半額になるケースも! 格安スマホを選ぶコツを徹底的に解説します。