格安スマホ選びの際に知っておくべき必須知識

格安スマホはなぜここまで人気なのか

現在は利便性の高いスマホ利用が一般的となっていますが、従来のガラケーと比べて利用料金が高いというデメリットがあります。
そんなスマホをもっと格安に使いたいという事から、格安スマホ利用者が増えています。

■格安スマホに乗り換える人が増加している理由

まず、格安スマホに乗り換える最大の理由は利用料金に不満を持っていることにあります。
大手キャリアでの料金設定は高めで、最低限の利用だとしても基本料で5000円ほどはかかってしまいます。
また、中には従来のスマホと通話用にガラケーと2台持ちで利用料金を抑えている人も多いですが、わざわざ2台持ちをする事に煩わしさを感じている人も多いようです。

一方、格安スマホなら通信速度やデータ量の上限に制限がありますが、通話を中心にする人や頻繁に通信を使わないスマホ利用者には向いていると言えます。
なので、通信費を安くしたい人や2台持ちを解消したい人による乗り換えが増加していると考えられるでしょう。

■新規契約が増えている理由

格安スマホは乗り換えだけではなく、新規契約も増加傾向にあります。
その大きな理由は、やはり利用料金を気にしている事が多いです。

スマホに興味があっても料金の高さから使う事を躊躇している人は多く、格安スマホなら大手キャリアと比べても気軽に利用できる事から新規契約が増えていると考えられます。
また、子供にもスマホを持たせたいという親も多く、利用料金を抑えて持たせるために格安スマホを新規契約する事も多いです。

他にも、新規契約で割引やキャッシュバックがあるなど、特典でお得に契約出来る事も増加の理由の1つではないでしょうか。

■MVNOとは

MVNOとはモバイルバーチャルネットワークオペレーター(仮想移動体通信事業者)を略した言葉で、大手キャリアなどのインフラ(通信電波を送る基盤)を使って通信サービスを提供する通信事業者の事を指します。

今までは大手キャリアと契約する事で無線通信を使う事が出来ましたが、MVNOは大手キャリアの回線を借り受ける事で格安スマホにモバイルネットワークを提供出来る様になっています。
また、格安スマホで使われている回線はドコモやauなので、大手キャリアと同等な高品質の無線通信を利用する事が可能です。

■通信費が安い理由

自社で通信回線を持つとメンテナンスや基地局の整備など多額の維持費が必要になります。
しかし、格安スマホは大手キャリアより設備を貸してもらい運営しているため設備投資は不要です。

また、速度制限やデータ量も大手キャリアより制限を設ける事によって通信費を安く提供できるのです。
他にも、端末本体の料金自体も安く、通話かけ放題のプランなどが少ないため月額コストを下げる事が出来ると考えられます。

格安スマホの仕組み

通常、スマートフォンを購入する時などは各携帯会社の通信と、それぞれが契約している端末(スマートフォン)のセット販売されているものを買うような形になっていますが、格安スマホは通信会社から電波を安く買い取った家電量販店などがMVNO(仮想移動体通信事業者)となって通信を小売しています。

端末は家電量販店が販売しているもの、もしくは私たちが元々所有していた端末にSIMカードだけをセットして使うといった方法があるので、わざわざ本体を買い換える手間を省くことも可能です。
SIMカードだけをセットする場合には、所有しているスマートフォンのSIMロック解除を行うことで使えるようになります。

SIMカードはスマートフォンの中に必ず入っているチップのことを言います。

SIMカードのサイズは3種類ほどありますが、主に利用されているのは中くらいの大きさのマイクロSIMになっていて、このSIMカードには大手の携帯会社が提供しているタイプと、その他のMVNO(仮想移動体通信事業者)が提供している格安SIMカードがあり、この格安SIMカードは月額料金が安くなるといったメリットがあります。

主要な格安スマホサービスを徹底分析

イオンモバイル
イオンモバイルは今まで格安スマホは販売していたものの、代理店としての役割だったのですが、今回イオンが独自に格安スマホを提供するようになり、現在利用者の数をぐんぐんと伸ばしてきています。
その理由として、やはりイオンモバイルが設定している料金プランの安さと言えます。
どのプランも最安値に近く、とてもお得に利用することができます。
また、通常であれば1年以上契約を続けていないと解約金や違約金が発生してしまうのですが、イオンモバイルではそういった契約期間は設定されていません。
さらにデータ通信の混雑を避けるために3日間制限というものを設定している格安スマホが多いですが、イオンモバイルでは高速データ通信の場合3日間制限をなくしています。
格安スマホの中でも使い勝手の良い格安スマホだと言えるでしょう。

>>イオンモバイルの詳細


楽天モバイル
楽天モバイルは元々通話SIMのみを取り扱っていたのですが、2015年に入りデータ専用のSIMも取り扱いを始め、さらに12機種という豊富な端末の中から格安スマホを選べるようになりました。
元々取り扱っていた通話SIMでも、格安スマホというとどうしても通話料金がかなり掛かってしまうことが問題点として挙げられることが多いですが、楽天モバイルの場合、およそ通話料金が半額近くになる程お得な料金プランとなっています。
また、楽天モバイルは様々なお店などで使うことができる楽天ポイントを貯めることができます。
楽天モバイルに入会するだけでポイントがプレゼントされ、さらに毎月格安スマホを利用するごとにもポイントがつくため、ポイントを活かせば様々な買い物もお得に利用することができるのです。

>>楽天モバイルの詳細


Y!mobile
CMでも話題の格安スマホ、Y!mobileは新規から乗り換えの方にもおすすめの格安スマホです。
毎月お得なキャンペーンを打ち出しており、割引されるものから、指定機種にすることでデータ容量が2倍になって楽しめるものなど様々なキャンペーンが実施されています。
さらに機種も幅広く取り扱っているため、SIMカードだけでなく機種も一緒に購入すると良いでしょう。
おすすめのプランとしてはいつも長電話になってしまう方にピッタリのプランなら、格安スマホで躊躇してしまう長電話もたくさんかけることができるのでおすすめです。
また、選べる端末も豊富でiPhoneやスマホはもちろん、ガラケーやPHSの格安スマホも販売しています。
好きな機種、使いやすい機種が選べるのもY!mobileのメリットと言えます。

>>Y!mobileの詳細


UQmobile
UQmobileの格安スマホは、格安SIMの中でも月額料金が安いメリットがあります。
速度に関しても、800MHzに対応しているので範囲が広く、室内でも電波障害が起きにくいので、快適なネット環境を手に入れることができます。

スマホを持っていると、ついついデータ通信制限がかかってしまうことがあります。
UQmobileでは、処理の内容によってデータ通信の速度を変えることができます。
その為、通信料を調整しながら利用することができるので通信が突然遅くなったりすることがありません。

安定した通信速度のあるSIMを求めているという場合には、UQmobileにすることで一定の速度の中でネットを楽しむことができるのでおすすめです。

>>UQmobileの詳細


エキサイトモバイル
エキサイトモバイルは様々なサービスを行っているポータルサイトのエキサイトが手掛ける格安スマホサービスです。
エキサイトモバイルの特徴としてはかなり細分化された料金システムとなります。
基本的な定額プランも存在しているのですが、最適料金プランという、各データ通信量に従った料金プランは1GBごとに刻んで料金プランが設けられているため、より自分が一番使っていてお得なデータ通信量の料金プランを選択することができます。

いつもデータ通信量が余っていてもったいなく感じていたけど、安いものにすると逆にデータ通信量が足りなくなる…という方にはきっとちょうどいい料金プランがエキサイトモバイルなら見つけることができるはずです。
音声通話SIM対応はもちろん、定額プランなら容量を引き継ぐことができたり、高速通信を簡単に切り替えることができるなどのサービスも充実しています。

>>エキサイトモバイルの詳細


トーンモバイル
トーンモバイルはTSUTAYAと提携している格安スマホで、普段本やCDなどの購入・レンタルを行なうTSUTAYAで格安スマホを購入することができます。

また、TSUTAYA提携となっているため、月額料金や端末料金を支払うことでTポイントが貯まり、Tポイントを使えるお店で自由にポイントを使うことも可能です。
非常にシンプルでお得な料金プランに加えて、パケット使い放題プランを利用すれば1ヶ月どれだけインターネットを利用したとしてもデータ容量を制限なく利用することができます。
いつもデータ容量が少なくて制限が掛かってしまうような方はトーンモバイルのパケット使い放題プランを選択すると良いでしょう。
さらに、子どもや高齢者の方にも使いやすいよう、家族間見守りサービスという位置情報やスマホの利用時間も分かるというサービスを提供しています。
家族で持ちたい格安スマホです。

>>トーンモバイルの詳細


FREETEL SIM
FREETELのSIMは、定額プランと使った分だけ安心プランの2種類から自分がお得になるプランを自由に洗濯することができます。
あまり利用しないという人は、使った分だけ支払いをするプランを選択すれば、通信費をもっと抑えることができます。

少し使いすぎで困っている・・・という人の為に、説炊くモードの設定機能が搭載されているの料金の調整ができるので、毎月の費用を節約することが可能です。

この他にも、FREETELのSIMはdocomoと同じ回線を利用しているので、品質やつながりやすさが抜群なので、不快さを感じることなくネットを利用することができます。
メッセンジャーアプリをいれれば通話料はゼロ円になったり、音声付きのSIMを利用すれば月額固定で何度でも利用することができるなど、お得なサービスも展開しています。

>>FREETEL SIMの詳細


BIGLOBE SIM
元々NECという大手グループのプロバイダとして昔から通信業に携わるBIGLOBEでも格安スマホを提供しています。
データ専用と音声通話の料金プランは非常にシンプルで、しかも比較的容量の大きな料金プランを選ぶとかなり使い勝手の良い格安スマホのりようができます。
なぜ容量の大きな料金プランが使い勝手が良いのかというと、まず料金が業界内でもお得であること、そして3日間制限がないことが挙げられます。
そのためデータ容量を十分に欲しいという方は、BIGLOBEの料金プランを検討してみると良いでしょう。

ただし低容量の料金プランだと制限が掛かってしまったり、料金も平均的な値段になってくるので、どうせ使うなら容量の大きいものを選択しましょう。

>>BIGLOBE SIMの詳細


スマモバ
スマモバは「スマートモバイル」の略で、スマートモバイルコミュニケーションズという会社が提供している格安スマホです。
高速回線としておなじみのLTE回線などを利用することができ、MNPなどにも対応した格安スマホです。

スマモバの特徴としては珍しい使い放題のプランが用意されていることが挙げられます。
例えば深夜の1時から朝の9時まで、データが使い放題になるプランを始め、深夜1時から夕方の17時まで楽しめるプラン、終日使い放題できるプランの3種類から使い放題プランを選択することができ、自分のライフスタイルに合わせて最適な料金プランを選択することができます。
仕事が夜勤でゴールデンタイムにはあまり使わないが、深夜などは多く使うなど、そういった方にとってはとてもお得な格安スマホと言えます。

>>スマモバの詳細


mineo
au系の格安スマホであるmineoは、データ容量の節約がかなり手軽にできる格安スマホです。
節約できるポイントとして、まず高速通信を自由にオンオフにスイッチングができるサービスを搭載しています。
動画やインターネットを利用する時だけ高速通信にし、それ以外の時を低速通信にしていればデータ容量を節約することも可能です。
また、3日間制限は設けられているものの、通常であれば3日間で1GBを過ぎると制限が掛かってしまうことが多いのですがmineoの場合は3日間で3GBを超えなければ制限が掛かることはありません。
さらに家族でデータ容量をシェアすることができ、繰り越しで使うことができるので、余計な通信費が発生することを抑えることができるのです。
データ容量をとにかく節約したいという方にピッタリの格安スマホです。

>>mineoの詳細


IIJmio
格安スマホがメジャーに知られるようになる前から提供しているIIJmioは、信頼と安心の格安スマホ会社と言えます。
家族の利用に嬉しい料金プランを用意しており、SIMカードが最大3枚まで1契約で発行してもらえて、通信容量も共有することができるプランがあります。

家族でお得に使用したい方はもちろんですが、1人でもスマホやタブレットなどの様々なインターネット端末を利用している人にとっても嬉しいプランと言えるでしょう。
たくさんデータ容量を使う方も、手動で高速・低速を切り替えられるため、節約しながら使えるため制限に引っかかってしまうこともなくなるのではないでしょうか?
お得に、そしてドコモ回線ならではの安定性を手に入れるなら、IIJmioがオススメです。

>>IIJmioの詳細


OCNモバイルONE
MVNO業界の中で高い評価を受けている、OCNモバイルONEでは、スマホとセットで購入をすると、音声対応のSIMとデータSIMがゼロ円で付帯されます。
今スマホを持っていない人は、セットで申し込みをするとお得です。

OCNモバイルONEのメリットは、無制限で200kbpsまで利用することができます。
高速データ通信の設定を切ることで、実質OCNモバイルONEの通信料を使わないので、制限がかかりません。

他の格安SIM会社の場合、何かしら制限をしているので速度が遅くなったりします。
しかし、OCNモバイルONEにすることで200kbpsまでを自由に利用することができるので、お得に活用することができるのでおすすめです。

>>OCNモバイルONEの詳細


NifMo
NifMoはドコモ系列なので、安定した速度が特徴です。
格安スマホにすることで、月額料金が200円OFFになったり、キャッシュバックをもらえるなどお得なサービスが豊富にあります。

この他にも、NifMoに申し込みをした月は月額料金が無料になります。
格安スマホを購入する際、一括で支払いができない・・・という場合は、24回支払いを選択できるので支払い負担を抑えることができます。
スマホセットで申し込みをすれば、機器セット割の利用となりますので、通信費より200円OFFになるなど、様々な部分で割引をしてもらうことができます。

スマホの接続や設定の方法がわからないという場合でも、NifMoではNifMo 訪問レクチャーをいうサービスを展開していて、24か月以内であれば無料でレクチャーしてもらえます。

>>NifMoの詳細


DMM mobile
毎月の料金を抑えたいと思っている人におすすめなDMM mobileの格安SIMは、MVNOのなかでも、一番安いプランを提供している会社です。
一度決めたプランも、簡単に変えることができるので使かいながら安くしていくことができます。

格安SIMと聞くと、面倒な設定があると思いなかなか乗り換えまで決断ができない人も多いですが、DMM mobileの格安スマホは初めてのスマホ利用者でも簡単に設定ができるようになっています。

スマホでネットの利用が多い人や、SNSをよく活用する、毎月の利用料金を少しでも節約したいという人は、DMM mobileの格安スマホへ変更することで今よりも圧倒的に安い月額料金で利用することができます。

>>DMM mobileの詳細


U-moblile
U-moblileは、株式会社U-NEXTが出している高速モバイル通信サービスのことを言います。
一時は、株式会社USENとして活躍していましたが、2010年に独立をし今ではコンテンツプラットフォーム事業をメインに、通信速度の高いネットワークの開発に取り組んでいます。

U-moblileの特徴は、安定したデータ速度とスマホを一緒の場所で利用できる、電話番号をそのまま引き継いで利用できるなどどこでも快適な状態で使うことができます。

更に、最新のiPhoneにも対応していたり、他にも100種類以上の端末で利用できるので、使い慣れた機種での利用が可能となります。
お得なプランやオプションも豊富にあるので、今以上にスマホライフを快適にすることができます。

>>U-moblileの詳細


 

 

格安スマホでできること、できないこと

「格安」と聞くと、通常のものに比べてどこかしら劣っている部分があるんじゃないか?
いうイメージが強いと思いますが、格安スマホは通信に利用する回線自体はドコモやauといった大手携帯会社と同じものなので、品質の問題は全くありません。

大手携帯会社の時と同じようにインターネットや通話・アプリの使用が可能ですし、電話番号も引き継ぎできるようになっています。

格安スマホのちょっと変わった使い方としては、電話機能などは使用せずに車のカーナビとしても利用ができます。
スマートフォンのナビゲーションアプリをDLするだけなので、通常のカーナビを買うよりも安く抑えることが可能ですし、アプリであれば地図の更新もすぐに行えるのでそういった面でも便利です。

携帯電話としての機能はもちろん、それを利用してのちょっと変わった使い方も可能な格安スマホですが、大手通信業者との契約は解約されているため、@マークの後に携帯会社名が入っているキャリアメールの使用はできなくなります。

また、LINEサービスやQRコードでの検索は今まで同様に利用できるものの、年齢認証サービスがないためLINEでのID検索は行えません。
回線が混雑している場合には通信速度が落ちてしまうような場合もあるようです。

格安スマホに乗り換えるには?

毎月の利用料金を抑えるために、話題の格安スマホに乗り換える事を検討している方も多いかと思います。
しかし、大手携帯キャリアとは違いショップの数も少なく、どのように乗り換えるのか不安に感じている人も多いでしょう。

また各キャリアには携帯電話番号をそのまま乗り換え出来る制度があり、格安スマホでもその制度を利用して乗り換えする事が可能です。
では、その乗り換え方法についてご説明します。

■番号ポータビリティーの利用

携帯のキャリアを変更する場合、今まで使っていた携帯電話番号を解約して新たな番号と契約する必要があります。
しかし、番号ポータビリティー(MNP)を利用する事で電話番号をそのまま乗り換える事が可能な制度です。

格安スマホでもMNPを導入している事業者が増えており、今まで通りの電話番号で格安スマホに乗り換える事が出来ます。
電話番号を変える事なく乗り換え出来れば、わざわざ知り合いに新しい電話番号を教える手間が省けてとても便利です。

■MPN予約番号を取得する方法

番号ポータビリティーを利用するには、利用していた携帯キャリアからMNP予約番号を取得する必要があります。
その取得方法はショップ窓口、電話、ネットから取得可能です。

各携帯ショップの窓口で申し込む場合は、本人確認があるため契約者の身分証明になるものを持っていきましょう。
一方、電話での問い合わせはオペレーターからの説明や、解約理由の質問を受けながら発行手続きが行われます。
後は本人確認や、解約手続きの説明などが終わると電話で直接MNP予約番号を教えてもらえます。

各キャリアによって受付時間が異なるので、取得前に確認しておきましょう。
ネットからなら24時間受付ですぐに取得出来るのでおすすめですが、auの場合はネットで取得する事は出来ませんので注意してください。

■MNP予約番号の期限と解約について

MNP予約番号の有効期限は発行から15日以内です。
有効期限が過ぎると再取得しなくてはいけないので、所得したらなるべく早く格安スマホに申し込みましょう。
また、携帯電話やスマホの解約のタイミングはMNP予約番号を発行した瞬間ではなく、MNP予約番号を使って格安スマホを申し込むと解約されます。

そして、格安スマホには大手キャリアと違いキャリアメールがありません。
解約すると格安SIMが届くまでスマホを使う事が出来ないので、メールをよく利用する方はGmailなどメールアドレスを事前に取得して、家族や知人に知らせておくのが良いでしょう。

格安スマホの端末には5種類ある

格安スマホを利用するためにはSIMカードだけでなく、端末も必要となるのは当然ですが、その端末を手に入れるための方法はおよそ5種類に分類することができます。
この5種類それぞれにあるメリット・デメリットを知っておくことで、お得に、そして自分に合った格安スマホを手に入れることができるでしょう。

1)乗り換え先のMVNOで端末本体セットの契約で購入

まず、最も一般的なものとして挙げられるのが、乗り換えようと思っているMVNOから端末本体と格安SIMのセットを購入することです。

■メリット

・APN設定を自分で行なう必要が無い

格安SIMで通信を行う場合、APN設定を行わなくてはなりません。
APN(アクセスポイントネーム)設定とは、インターネットの接続先とする設定を指し、この設定を行わないとインターネットを利用することが出来なくなってしまいます。
APN設定自体はさほど難しくなく、マニュアルの通りに進めていけば問題ないのですが、そういったことが苦手でよく分からないという方も多いのではないでしょうか?
しかし、MVNOで端末と格安SIMをセットで購入した場合、全て設定が済んだ状態で届くのでわざわざ設定をしなくても良いことになります。

・オプションとして端末保証がつく

格安スマホを家電量販店などで購入した場合、故障したとしても修理中の代替スマホを貸し出してくれないという場合が多いです。
今までdocomoやauなどの大手キャリアを使ってきた方にとっては、修理に出せば代替スマホを貸し出してくれることが当たり前だったのに、そういった保証が無くなってしまうので不満に思う方もいらっしゃるかと思います。

しかし、MVNOで格安SIMと端末をセットで購入した場合、端末保証というオプションを利用することができるので安心です。
有料ではあるものの、故障した時に修理の間代替スマホの貸し出しをしてくれますし、もしも修理に出せないほど破損してしまっている場合はスマホの交換も行ってくれます。
そのため、万が一故障や破損をしてしまった場合でも、すぐに代替スマホで連絡をとることが可能なので安心だと言えます。

■デメリット

・機種が限られている

デメリットとしては機種が限られてしまうことが挙げられます。
各MVNOで格安SIMと端末のセットを販売していますが、自分が欲しいと思っている端末や最新機種などはセットになっていないということや、自分が契約しようと考えていたMVNOではなく、欲しい端末のセットが違うMVNOで販売されていたということも考えられます。
単体で購入すればこのような問題は起こりにくいのですが、セットならではの問題と言えます。

・分割払いは実質2年縛りがほとんど

端末を購入する際に一括払いか分割払いになりますが、分割払いでセットを購入した場合、ほとんどのMVNOでは2年の24回払いとなります。
そのため2年間は契約を続けていないといけないのです。
もちろん、まだ支払っている途中で解約しても大丈夫なのですが、解約時に未払い分の端末代金をまとめて請求されてしまうので、その点には注意しなくてはなりません。

2)SIMフリー端末を新たに購入して格安SIMカードを入れる

基本的にスマホやタブレットにはSIMカードが挿入されており、電話番号などの利用しているユーザーの情報が入っています。
SIMカードが無いと3GE・LTEなどの回線を利用することができず、Wi-Fiのみの回線となってしまうためとても重要なカードと言えるでしょう。

大手キャリアで購入したスマホやタブレットにはこのSIMカードが挿入されており、しかもロックが掛かっているため、契約したキャリアの端末しか使えないようになっています。
しかしSIMフリー端末であれば、特にキャリアを限定せずに回線を利用することができるというわけです。
そんなSIMフリー端末を新しく購入し、格安SIMカードを挿入して格安スマホを利用するという方法があります。

■メリット

・端末代金がかなりお得になる

SIMフリー端末は大手キャリアのSIMロック端末に比べると、かなりお得に購入することが可能です。
SIMロック端末だと7万円程度だったものが、SIMフリー端末なら2~3万円程度で購入できるものもあり、半額以上安くなる可能性があります。

もちろん利用するにあたってSIMカードも購入しなくてはなりませんが、SIMカードを購入したとしても音声通話付きで月額およそ1000~2000円程度なので端末代金だけでなく、月額料金もお得に利用することができるでしょう。

・自分の欲しいスマホを自由に利用できる

セットでは自分が欲しいスマホのセットが無いということや、契約しようと考えていたMVNOではなく、違う会社のセットに自分が欲しいスマホのセットがあるなど、様々な問題があったと思いますが、こちらはセットではなく端末とSIMカードを自由に購入することができるので、選択肢の幅もとても広がります。
自分の好きなスマホ、欲しかったスマホなどを選ぶことができるため、スマホ端末にこだわりたい方は端末とSIMをセットではなく別々に購入した方が良いでしょう。

■デメリット

・保証が受けられない

デメリットを挙げるならば、やはり保証が受けられないという点です。
特に家電量販店などでSIMフリー端末を購入した場合、オプションなども用意されていないことが多いです。
また、もし端末が故障してしまったとしても、代わりとなるスマホを貸し出すことは無いため、修理に出している間はスマホが完全に利用できなくなってしまいます。
仕事の電話にSIMフリー端末を使うという方は気を付けた方が良いかもしれません。

3)現在使用している端末をそのまま使用

今現在使用している端末を使って、大手キャリアからMVNOに移行することもできます。
この方法であれば特に端末を新しく購入する必要もないので初期費用を低価格に抑えてMVNOへ乗り換えることが可能となります。
しかし、この方法には問題点もあります。

それは、現在使用している端末のキャリア回線を利用しているMVNOでなければ契約できないということです。
例えば、docomoの端末を利用していてMVNOに乗り換えたい場合、docomoの回線を利用しているMVNOしか選択できないのです。

・docomo回線を利用しているMVNO
mineo、NifMo、BIGLOBE、IIJmio、OCNモバイルONE、U-mobile、楽天モバイル、DMMmobile、DTISIM、GMOとくとくBBSIM、イオンモバイル

・au回線を利用しているMVNO
mineo、Fiimo、UQ mobile

・ソフトバンク回線
Y!mobile

MVNO事業に積極的なdocomoなら多種多様なMVNOから選択も可能ですが、auやSoftBankの場合、かなりMVNOは限られてしまうので注意が必要です。

4)現在使用している端末をSIMロック解除して使う

現在使用している端末でMVNOに乗り換える場合、SIMロック端末であればSIMロックを解除する必要があります。
これを解除する方法としては、端末キャリアのショップへ行き解除の手続きを行う場合とネットから行う場合の2つの方法があります。

どちらにしようか選ぶことも出来ますが、機種によってはショップでしか扱うことができないものもあるので確認しましょう。
ちなみにショップでは事務手数料が掛かるのですが、ネットで行う場合は無料で手続きを済ませることが可能です。
また、SIMロックを解除するための申請を行うためには、その機種を購入してから半年以上経過していないと解除申請を出すことが出来ないという場合があります。

SIMロックを解除することで様々なメリット・デメリットがあるため、そちらも見ていきましょう。

■メリット

・キャリアとは違う回線を利用しているMVNOに乗り換えることができる

現在使用している端末がauの場合、基本的にau回線を利用しているMVNOへの乗り換えしかできないのですが、SIMロックを解除することによってauの端末を使用していたとしても、docomo回線を利用しているMVNOへ乗り換えることが可能となります。
2年間端末を使用し、端末代金を全て支払い終わってからなどの条件をクリアすることで利用できます。

・海外に行った時の通信費がお得になる

旅行や出張などで海外を訪れた場合、携帯を利用すると海外通信費として多額に請求されてしまうことが多かったのですが、SIMロックを解除することで現地の格安SIMを手に入れて使用することができ、今までよりもかなりお得に海外で携帯電話を使うことができます。

■デメリット

・SIMロック解除=SIMフリーというわけではない

SIMロックを解除することによってSIMフリー端末になったのではないか?
と考える方も多いと思いますが、実際にはSIMフリー端末になるわけではありません。
そのため今まで利用していたキャリアごとの制約がそのまま残っており、全ての格安SIMカードを挿入して使えるというわけではないのです。

現在使用している端末のSIMロック解除を行う場合は、まず契約しようとしているMVNOの対応機種をきちんと調べてから契約しないと、せっかく契約したのに格安SIMカードが使えないという事態に陥ってしまう可能性があります。

5)白ロムを購入

白ロムとは、SIMカードが挿入されていない端末のことを言います。
電話番号などの情報が入っていない、真っ白の状態であることから白ロムと呼ばれるようになりました。

SIMカードが入っていない端末であれば、SIMフリー端末になるのでは?と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?
確かに白ロムとSIMフリー端末は似ていますが、少し違う点がみられます。
それは、SIMロックが解除されているか解除されていないかという点です。

SIMフリー端末はSIMロックが元々解除されている端末で、大手キャリアからMVNOまで様々な会社のSIMカードを利用することができます。

しかし白ロムの場合、ただ単にSIMカードが入っていない端末であることから、その端末がSIMフリーかSIMロックされているかは確認しなくてはなりません。
もしもSIMロックが掛かっていれば、解除手続きを行わないと格安スマホを利用することができなくなってしまうので気を付けましょう。
白ロムはリサイクルショップなどで購入することができ、SIMカードを挿し込めば通常通り携帯電話として利用することができるのです。
基本的に中古品となるので、別に新品でなくてもいいという方におすすめの方法と言えます。

■メリット

・電話としてでなく、タブレットの代わりとして利用することができる

例えば2台持ちをしていて、1台は電話やメールなどを使用する基本的な携帯電話の使い方をしていて、1台はネットを楽しむためだけに利用する場合は、ネットのみであればSIMカードが無い白ロムでもWi-Fi回線を利用してネットにつなげられるので、タブレットのような使い方ができます。

・物によってはほぼ新品の端末がお得に使用できる

上記で書いたように白ロムは基本的に中古品を指しています。
しかし、中古品であってもほとんど使われていない端末も多く、新品の状態に近いスマホを手にすることができる場合もあります。
しかも中古品でお得なので、SIMフリー端末よりもお得に端末を購入することができるかもしれません。

■デメリット

・赤ロムに当たってしまう可能性がある

白ロムを購入したつもりが、赤ロムに当たってしまう可能性があります。
赤ロムというのは残債があるにも関わらず、白ロムを売ってしまい、残債があるために通信制限が掛かっている端末のことを言います。
白ロムの購入可能なリサイクルショップや白ロム専門店では端末が赤ロムかどうかを調べてから販売しているお店や、赤ロムだった場合白ロムに取り替えてくれるお店もあるので、白ロムを購入する前に必ずチェックをしておくと良いでしょう。

6)格安スマホの通信会社の選び方

格安スマホの売りは何と言っても利用料金を安く出来る事ですが、安さを基準に選んでしまうと逆に損になってしまう事があります。
せっかく料金が安くなるなら、損をしないでスマホを利用したいと思う方も多いはずです。
失敗しないためにも、自分にとって最適な通信会社を選ぶ事が何より重要です。
では、どのような基準で通信会社を選んだら良いのかご紹介します。

■対応したキャリア端末が使える通信会社

スマホは各キャリアのSIMカードを挿入する事で通信が可能となり、そのSIMカードが抜かれた状態のキャリアスマホを白ロムと呼びます。
格安スマホの通信会社によっては、以前使っていたスマホやiPhoneを格安スマホとして利用する事が可能です。
白ロムを使う利点は新たに本体を買う必要がない事や、お気に入りの機種をそのまま使えるところにあります。

しかし、機種によっては対応していないので注意が必要です。
同じiPhoneでもキャリアによって通信の種類やテザリング機能が異なるので、必要に応じてはキャリアが異なるiPhoneかスマホを購入することも検討しましょう。
また、白ロムだと基本的にSIMロックされているので、各キャリアでSIMロックを解除してもらう事が必要です。

■通信速度や通信の安定性を重視

格安スマホでは大手キャリアと同じ高品質の通信を使う事は出来ますが、やはりやや劣っているところがあります。
格安スマホを快適に使うためにも、通信速度や安定性を重視して通信会社を選ぶ事も重要です。

そして、その通信速度も利用する目的に合わせて選択する事で、無駄のないプランを設定する事が可能です。
例えば、メールやLINEなどの利用が中心であれば、128Kbps~200Kbpsでも快適に使う事が出来ます
もし写真ファイルや動画の観覧、WEBサイトの閲覧であれば500kbpsは必要です。
しかし、音声通話やビデオ通話、アプリゲームを頻繁に使う場合は高速回線の方が通信速度による影響を受けずに済むのでおすすめです。

■かけ放題プランなどお得なプランを選ぶ

各キャリアでは通話や通信がお得になるプランが充実していますが、格安スマホでもお得なプランが用意されています。
しかし、通信会社によってプランの充実度に違いがあるので、その点を重視して選ぶの良いでしょう。

最近では格安スマホの普及でかけ放題プランを設けている通信会社や、毎月のデータ量が無制限のプランも用意されています。
料金は通信速度によって左右されるので、目的に合わせながら一緒にオプションプランを利用する事でお得に格安スマホを使う事が可能です。
通信会社を選ぶ時はプランが充実している事業者を選ぶと良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ